【海外健康生活Q&A】海外での健康的な生活を送るための海外赴任者必見情報

【海外健康生活Q&A】海外での健康的な生活を送るための海外赴任者必見情報

海外で健康な生活を送るために必要な基礎知識を、Q&A形式でわかりやすく解説した書籍『海外健康生活Q&A』より抜粋しました海外赴任者必見の健康ガイド情報。毎週水曜更新!

第1章 出国前の準備

海外で生活する際に注意する健康問題を教えてください

海外生活者へのアンケートによりますと、半数以上の人が健康上の訴えが多いと答えています。その数は日本で生活している人に比べて倍以上の数でした。それは、海外特有の健康問題が数多くあるからです。ここではその概要を紹介します(2017.07.05更新)。

海外赴任前に健康面で準備することを教えてください

海外赴任前に当たっては仕事の整理だけでなく、引っ越しや行政の手続きなど生活面での準備がたくさんあります。これに加えて、健康面での旅支度を忘れずにしておきましょう。ここではその概要を紹介します(2017.07.12更新)。

海外赴任前の健康診断はどのように受ければいいですか?

日本の法律(労働安全衛生法)では、海外に仕事で六ヵ月以上滞在する場合、出国前に健康診断を受けることを義務づけています。赴任者が現在の健康状態を把握するとともに、自身の健康情報として海外に持参するために行われます。ここではその概要を紹介します(2017.07.19更新)。

海外の医療情報はどのように入手したらいいですか?

海外赴任前には滞在国の医療情報(医療制度、医療機関、感染症、定期予防接種など)の入手をお勧めします。ここではその概要を紹介します(2017.07.26更新)。

携帯医薬品として、どのような薬を準備したらいいですか?

海外の薬局で販売されている医薬品は含有量が多く、日本人には強すぎるといわれています。また、途上国では薬の品質が悪かったり、偽薬が販売されていることもあります。そこで、日本で医薬品を準備し、それを滞在先に携帯することをお勧めしています。ここではその概要を紹介します(2017.08.02更新)。

持病で治療を受けていますが、何を準備したらいいですか?

日頃から持病があり、医師の診察を定期的に受けている人は、滞在先でどのように診察を続けるのかが心配になります。まずは日本の主治医を受診して、今後の診療について相談をしてください。ここではその概要を紹介します(2017.08.09更新)。

第2章 海外で注意する感染症

海外ではどんな感染症にかかりやすいですか?

海外では衛生状態や気候の問題などで感染症にかかるリスクが高くなります。ここでは海外でかかりやすい感染症を経路別に紹介します(2017.8.16更新)。

旅行者下痢症の予防方法、かかった時の対処方法を教えてください

旅行者下痢症はかかる頻度の高い病気のため日頃から十分に予防するとともに、発病した際の対処方法も覚えておきましょう。ここではその概要を紹介します(2017.8.30更新)。

昆虫が媒介する感染症はどのように予防すればいいですか?

デング熱やマラリアなどの予防には、蚊に刺されない対策をとりましょう。皮膚の露出を少なくしたり、昆虫忌避剤を用いることも有効です。ここではその概要を紹介します(2017.9.6更新)。

マラリアの予防薬は、どのように服用するのでしょうか?

マラリアの高度流行地域に滞在する際には、薬剤を定期的に服用する予防方法がとられます。副作用も発生するため、慎重に実施する必要があります。ここではその概要を紹介します(2017.9.13更新)。

海外で動物に咬まれた時に注意点を教えてください

海外では狂犬病が流行しているため、容易に近づかないようにしましょう。咬まれてしまった時は大至急、医療機関を受診しワクチン接種を受けてください。ここではその概要を紹介します(2017.9.20更新)。

最近、世界的に流行している感染症の状況を教えてください

新しい感染症としてSARS、エボラ熱、MERS、鳥インフルエンザ、ジカ熱などが流行しています。海外滞在中も各感染症の最新情報を入手するようにしましょう。ここではその概要を紹介します(2017.9.27更新)。

第3章 予防接種

なぜ、海外渡航者に予防接種を推奨するのですか?

海外に滞在中は感染症にかかるリスクが国内での生活よりも高くなります。このため、海外渡航者には予防接種をお勧めしています。ここでは予防接種について紹介します(2017.10.4更新)。

海外渡航者向けのワクチンはどのように選んだらいいですか?

海外渡航者に推奨するワクチンは、滞在期間、滞在地域、現地での活動などの情報を参考に選びます。ここではワクチンの選び方について紹介します(2017.10.11更新)。

滞在地域別に推奨するワクチンを教えてください

先進国に滞在する場合は破傷風のワクチン接種を推奨します。ここでは滞在地域別に推奨するワクチンについて紹介します(2017.10.18更新)。

予防接種を受ける際のスケジュールを教えてください

ワクチンによっては複数回の接種が必要なものがあるため、出国する1ヵ月以上前には医療機関を受診し、接種を開始しましょう。ここでは予防接種のスケジュールについて紹介します(2017.10.25更新)。

予防接種の副作用や接種後の注文点を教えてください

接種後は激しい運動や飲酒はひかえましょう。ここでは予防接種の副作用や注意点について紹介します(2017.11.1更新)。

第4章 医療機関の利用方法

海外の医療機関を利用する際には、どのような不便がありますか?

海外の医療機関を利用すると、さまざまな点で不便さを感じます。ここでは海外医療機関の問題点について紹介します(2017.11.8更新)。

海外と日本の医療システムはどこが違いますか?

海外の医療システムには日本と異なる点がいくつかあります。ここでは海外と日本の医療システムの違いについて紹介します(2017.11.15更新)。

海外でのホームドクターの選び方を教えてください

海外に到着したら早めにホームドクターを決め、日頃の健康管理をお願いしましょう。ここでは海外でのホームドクターの選び方について紹介します(2017.11.22更新)。

海外で受診する際の具体的な手順を教えてください

海外で医療機関を受診する方法は日本と違う点がいくつかあります。ここでは海外で受診する際の具体的な手順を紹介します(2017.11.29更新)。

海外で急な病気にかかった時はどのように対処したらいいですか?

海外で生活しているとカゼ、下痢、ケガなど急な病気にかかることが多くなります。ここでは海外で急な病気にかかった場合の対処方法について紹介します(2017.12.6更新)。

海外での医療保険の利用方法を教えてください

海外の医療費は高度医療を受けると高額になることがあります。このため事前に医療保険に加入しておき、それで支払うという方法がとられます。ここでは海外での医療保険の利用方法について紹介します(2017.12.13更新)。

海外で歯科治療はどのように受けたらいいですか?

海外で歯科治療を受けるのは日本ほど簡単ではありません。しかし、海外で虫歯にかかり、歯が痛くなるケースもよくみられます。ここでは海外で歯科治療を受ける方法ついて紹介します(2017.12.20更新)。

海外での出産は心配ないでしょうか?

海外での出産にあたっては、医療技術や医療費などの面を検討する必要があります。ここでは海外での出産について紹介します(2017.12.27更新)。

健康診断や予防接種はどこで受けたらいいですか?

海外で健康診断を受ける場合にはホームドクターにご相談ください。ここでは海外での健康診断や予防接種について紹介します(2018.1.10更新)。

持病がある場合、滞在先でどのように診察を受けたらいいですか?

持病がある場合、滞在先でどのように医療機関を受診するか、その方法について紹介します(2018.1.17更新)。

第5章 メンタルヘルス

第6章 生活習慣病

第7章 小児の健康

第8章 帰国前後の健康管理

第9章 地域別情報

海外赴任者必携『海外健康生活Q&A』

海外赴任者及び帯同者必携の一冊です

内容紹介
仕事や留学で海外に長期滞在する人は年々増加しています。海外で生活するにあたっては、感染症、メンタルヘルスの不調、生活習慣病などへの知識も必要となります。帯同する家族にも、性別や年齢に特徴的な健康問題が生じることもあるため、事前の備えが欠かせません。また、滞在先で病気になり、つらい思いをしたり、どの医療機関にかかったらいいか悩んだり、医療費の支払い方法に戸惑うなど、医療システムの面でも不安材料があります。
これらに対応するため、本書では海外出国前、滞在中、帰国後の時間軸に沿って、海外で健康な生活を送るために必要な基礎知識をQ&A形式でわかりやすく解説するとともに、2017年時点の地域別の流行疾病などの情報を収録しました。また、世界各地の文化や生活を理解し、健康問題の実情を垣間見ることのできるコラムや写真も随所に配置しています。
海外で生活する方々が、健康を維持しながら実り多い日々を送るために役立つ一冊です。
※このページの情報はこの書籍からの抜粋です。

詳細を見る

たいせつにしますプライバシー 10520045