【海外健康生活Q&A】海外で急な病気にかかった時はどのように対処したらいいですか?

【海外健康生活Q&A】海外で急な病気にかかった時はどのように対処したらいいですか?

海外で生活しているとカゼ、下痢、ケガなど急な病気にかかることが多くなります。
ここでは海外で急な病気にかかった場合の対処方法について紹介します。

海外で急な病気になった際の対処法

ホームドクターに連絡する

ホームドクターのいる医療機関に連絡をしてください。
予約の空いている時間に診察をしてくれるでしょう。


救急外来を受診する

ホームドクターがいない人は、救急外来を受診してください。
緊急外来は大きな病院や地域の医療センターなどに設置されています。


救急車を利用する

重症なケースでは、救急車を呼んで医療機関を受診することになります。
ただし、海外では日本のような公営の救急搬送システムが整備されていません。
そこで、行きたい医療機関の所有する救急車を電話で呼び、運んでもらう方法をとります。


近隣の先進国や日本で治療を受ける

滞在している国の医療レベルが低い場合は、近隣の先進国などに移動して治療を受けることがあります。
この場合は大変に高額な費用がかかります。
このため、事前に海外旅行保険の緊急搬送契約などをしておくことをお勧めします。

監修
東京医科大学病院
渡航者医療センター 教授
濱田 篤郎 先生
※このページの情報は以下の書籍からの抜粋です。詳細は書籍をご覧ください。

海外赴任者必携『海外健康生活Q&A』

海外赴任者及び帯同者必携の一冊です

内容紹介
仕事や留学で海外に長期滞在する人は年々増加しています。海外で生活するにあたっては、感染症、メンタルヘルスの不調、生活習慣病などへの知識も必要となります。帯同する家族にも、性別や年齢に特徴的な健康問題が生じることもあるため、事前の備えが欠かせません。また、滞在先で病気になり、つらい思いをしたり、どの医療機関にかかったらいいか悩んだり、医療費の支払い方法に戸惑うなど、医療システムの面でも不安材料があります。
これらに対応するため、本書では海外出国前、滞在中、帰国後の時間軸に沿って、海外で健康な生活を送るために必要な基礎知識をQ&A形式でわかりやすく解説するとともに、2017年時点の地域別の流行疾病などの情報を収録しました。また、世界各地の文化や生活を理解し、健康問題の実情を垣間見ることのできるコラムや写真も随所に配置しています。
海外で生活する方々が、健康を維持しながら実り多い日々を送るために役立つ一冊です。
※このページの情報はこの書籍からの抜粋です。

詳細を見る

海外健康生活Q&A TOPページ

【海外健康生活Q&A】海外での健康的な生活を送るための海外赴任者必見情報

海外で健康な生活を送るために必要な基礎知識を、Q&A形式でわかりやすく解説した書籍『海外健康生活Q&A』より抜粋しました海外赴任者必見の健康ガイド情報。
毎週水曜更新!

たいせつにしますプライバシー 10520045