赴任計画のたて方


海外赴任の辞令が出て、当人が任地に赴いた後、家族は3 ~ 6 カ月の間隔をおいて行くのが一般的だと考えられている。ここでは、一家の主婦がその期間をフルに利用して出発までのスケジュールをどうこなしていくか、箇条書きに掲げてみよう。


「お薦めサイト」
はじめての海外生活
管理人の体験を基に作られた海外駐在、海外留学、海外移住など、出発前の役立つ情報やスケジュール、現地で使える便利な品々など生きた情報満載
海外生活便利サービス比較
海外発送、海外赴任、海外生活に便利なサービスのサイトの紹介と比較サイトです。

出発までの大まかなスケジュールを

情報を集めながら、赴任までの大まかなスケジュールを家族全員で話し合って作成し、出発までの日程を計画的にたてる。

海外赴任者の主婦の声

赴任国の情報を集める

各国の大使館や観光局、インターネット等で、できる限り多くの情報を収集する。地図やガイドブックなどで赴任地の地理、政治、経済、宗教などの大まかな状況もつかんでおく。一番よいのは実際に現地で生活したことのある人から生の意見を聞くことだ。集めた情報はファイルや一冊のノートにまとめておくと便利である。
勤務先や海外赴任サポートの専門業者が主催する赴任者講習等でも情報を集めることができる。

パスポート、ビザの用意

パスポートの取得、ビザの申請は早めに済ませる。証明写真は赴任地に到着してからも、外国人登録、身分証明書、免許証な どに使うので、多め用意しておく。データでも持参するとよい。

役所や生活関連会社への手続

住民登録の転居届や固定資産税の手続、電気・水道等生活関連会社への連絡も計画住民登録の転居届や固定資産税の手続、電気・水道等生活関連会社への連絡も計画

引越荷物の準備

現在使っているもの、使う予定のあるものなど区別しながらできることから片付けていく。海外引越の場合、会社で負担してくれる引越費用の範囲内で済ませるか、ある程度自己負担するかで、何を残し、何を持っていくかも決まってくる。
現地調達のできない食品や衣料品、子どものものなどは追加料金を支払ってでも持参したい。残す荷物は、処分するかトランクルームなどを利用するか決める。特に電気製品は多額の課税を徴収されるケースや、相手国の事情によっては利用できないものもあるので、引越業者や先任者など から情報を得ておくことが大切である。
何をどれだけ、いつごろ送るか。収集した情報を元に、船荷物、別送航空荷物(アナカン)、飛行機の超過手荷物等についての制限量も頭に入れるとスムーズだ。一冊のノートにまとめておくと、整理もでき、帰任時にも利用できるので非常に便利である。

健康診断・予防注射

家族全員が渡航前に健康診断を受けておく。学齢前の子どもが予防接種の時期を控えている場合は、医者に早めに相談する。風邪気味のときや体力の衰えているときは無理に注射しない。併せて、健康診断書 や母子手帳なども整理しておく。

子どもの教育と学校

どのように育てたいのかを、夫婦で話し合う。その方針にそって、準備や手続きを進める。
現地の日本人学校に入学する際は、在学証明書をもらっておく。全日制日本人学校がない場合には、公益財団法人 海外子女教育振興財団の通信教育制度がある。渡航前に申し込む。財団では「海外子女教育」という機関誌を発行しており、世界各地の日本語教育の現状と日本国内の教育事情な どが細かく記載されている。出発前に一度訪ねてみるとよいだろう。

住居・車の処分

賃貸住宅の場合は、出発予定日が延びることもあるので明け渡しには少し余裕をみておく。
持ち家の場合は、近親者に管理を頼むか、人に貸すか、売り払うかの処分をまず決めなければならない。リロケーションの専門会社に依頼すれば、管理・貸し借りにもトラブルがなくてよいだろう。家や土地の価格の上下が激しい日本では、家を売ることは、よほどの事情でもない限り得策とはいえないようだ。また、長期間空き家にして閉めきっておくと、家を傷めることにもなりかねない。できれば、こまめに面倒を見てくれる近親者か管理会社等に管理を任せるのがよい。人に貸す場合は、後々面倒が起こらぬよう細かく取り決めをしておく。入居条件等は、たとえ親しい知人であっても、きちんとした契約書を取り交わしておく。
自家用車がある場合は、車の処分についても早めに手をうつ。

留守中の連絡先の決定

実家や兄弟など、留守中の連絡先は親身になってくれる人に頼む。現地滞在中日本から送ってほしい物など、頼めばすぐ手配してもらえるよう取り決めておく(費用は、預金口座などから引き落とせるようにしておくと便利)。
また、財産管理まで任せる場合は、有価証券、権利書、保険証、通帳など、何をどれだけ預かってもらったか控えておく。

住所録の作成

家族全員の住所録を新たに作成する。

現地語・英語の学習

赴任地の公用語については書籍などで最小限の知識は仕入れておく。時間があれば語学スクールへ通うか、独学でも中学英語程度の会話は最低限身につけておいたほうがよいだろう。

引越荷物の仕分け方

海外生活に必要な荷物は、船便、航空便、携帯手荷物の3 つに分ける。
航空便には日用品、食料品、衣類等、広範囲のものをバランスよく入れる。普段着や普段靴、タオル(雑巾にもなる)を多めに入れておくとよい。特に季節の変わり目、気候の異なる国に行く時は、カーディガン、コートなどが便利だろう。
船便は荷物の箱ごとの仕分けがポイント。各々の箱に番号をつけ、大まかな内容も書いておく。手もとに箱の番号とくわしい内容のリストを持っていれば、必要なものをすぐに取り出すことができる。現金や装身具などの貴重品、カメラ、楽器などのこわれ物は、手荷物として機内に持ち込むとよいだろう。

山岸三絵子(オーストリア他に在住11年)


あわせてこのページも見てみませんか?

海外赴任には、様々な手続きや準備が必要となります。そして手続きや準備を進めていくと、様々な問題や疑問が出来ます。そこで、海外赴任に関連する情報でよく見られているページをまとめてみました。

海外で新聞を読む日経電子版

ビジネスシーンに役立つ情報を素早くキャッチ出来るメディア、それが新聞。海外でも日本との情報時差なく読める日本の新聞とは?

海外引越しのトータルサービス日本通運の海外引越

引越の相談、梱包、船便・航空便での輸送や保険、税関手続きなど、海外引越しに関するトータルサービス

楽天市場でお買い物楽天市場

海外赴任前のお買い物は楽天市場で!海外発送代行サービスを利用して配送費をお得に!

Amazonでお買い物Amazon.co.jp

国内でいつも使っているAmazon.co.jpが海外でも使える!? 海外発送可能な商品の見つけ方

購入代行サービスZenMarket

海外で買えない日本の商品を、あなたに代わって購入しお届けする『購入代行サービス』はご存知ですか?

日本のお土産

海外赴任時に持参するおみやげは一体何が喜ばれるのか?相手の年齢、性別だけではなく、宗教や気候までを考えてセレクト

海外で日本のテレビを見るガラポンTV

海外の生活で毎日外国語に囲まれていると、日本のTVが恋しくなります。そこで、海外から日本のテレビを見る最適な方法をチョイス。

海外Wi-FiレンタルイモトのWi-Fi

世界中どこにいても、もはやインターネットは必要不可欠。特にビジネスシーンでは必須アイテムです。そこで、海外Wi-Fiレンタル。

アジア・欧州で使える携帯電話HTCスマートフォン

海外での携帯電話利用法は多種多様にありますが、アジア・欧州方面へ長期出張される方に最適な携帯電話があります。

アメリカで使える携帯電話hanacell

アメリカでも日本の携帯電話は使用できますが、料金が割高。長期で利用するなら、アメリカの携帯電話を利用するのが便利です。

海外駐在中の「はじめに(計画を立てよう)」

日本帰国時の「はじめに(計画を立てよう)」

現在の状況から探す

  • 海外赴任前の方へ
  • 海外駐在中の方へ
  • 日本へ帰国される方へ