国際郵便



国際郵便の送り方

国際郵便は、“葉書や手紙などの小さなもの”から“30kgまでの大きな荷物”までの海外発送物を“ビジネスユーザー”から“個人ユーザー”まで、全ての方が簡単に海外に送ることができるサービスです。
この海外発送サービスは、運送方法の違いにより大きく4つに分けられます。配達所要日数が短い順に

  • 1. EMS(国際スピード郵便)
  • 2. AIR(航空郵便)
  • 3. SAL(エコノミー航空郵便)
  • 4. SEA(船便)

が、あります。また、料金の安さはその逆順になります*1。
加えて、同時に複数個利用する場合の同時割引や月間割引等の料金割引があります。 国際郵便の種類 *1 一部の国・地域を除きます。
*2 配達所用日数は主要都市における目安です。
また、宛先の国。地域の通関検査で時間を要する場合があります。

EMS(国際スピード郵便)

EMS(国際スピード郵便)は、ビジネスで緊急を要する書類・荷物から個人の手紙・荷物までを、迅速かつ確実に海外に届けてくれます。世界120以上の国・地域に向けて最速のフライトで航空輸送しています。

全国の郵便局で取り扱っており、料金もお手頃で、発送ラベルの記入方法も非常に簡単(お客様の手間を省くために発送ラベルに記入する宛名等の印字も行っています)で集荷サービスも行っています。もちろん、インターネットによる配達状況の確認もできます。

最高重量
30kg
最大サイズ
長さ(最長辺)=1.5m以内(中国については1.8mまで可能)
長さ+胴回り= 3m以内
測り方
「EMS発送ラベル」と「インボイス※」に宛先や内容品等を記入するだけです。
(注)宛先の国・地域の条件により、他に書類が必要となる場合があります。

※「インボイス」とは、商品や物品を送る場合に必要となる書類で、内容品リスト(内容品の名前、内容品の数、内容品の価格等)を記載した送り状のことです(内容品が書類の場合は必要ありません)。記載済み「インボイス」は折りたたみ、「インボイス専用ビニール袋」等に入れて、箱等の外側に付けます。
■取扱国・地域一覧
第1地帯
アジア 【アジア】 インド、インドネシア、韓国、カンボジア、グアム、サイパン、シンガポール、スリランカ、タイ、台湾、中国、ネパール、パキスタン、バングラデシュ、フィリピン、ブータン、ブルネイ、ベトナム、香港、マカオ、マレーシア、ミャンマー、モルディブ、モンゴル、ラオス
第2地帯
オセアニア
北米
中米
中近東
【オセアニア】
オーストラリア、ソロモン、ニュー・カレドニア、ニュージーランド、パプアニューギニア、フィイジー

【北米・中米】 アメリカ合衆国、エルサルバドル、カナダ、キューバ、コスタリカ、ジャマイカ、トリニダード・トバゴ、パナマ、バルバドス、ホンジュラス、メキシコ
【中近東】 アラブ首長国連邦、イスラエル、イラク、イラン、オマーン、カタール、キプロス、クウェート、サウジアラビア、シリア、トルコ、バーレーン、ヨルダン
ヨーロッパ 【ヨーロッパ】 アイスランド、アイルランド、アゼルバイジャン、イタリア、ウクライナ、英国、エストニア、オーストリア、オランダ、ギリシャ、クロアチア、スイス、スウェーデン、スペイン、スロバキア、スロベニア、チェコ、デンマーク、ドイツ、ノルウェー、ハンガリー、フィンランド、フランス、ブルガリア、ベラルーシ、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、マケドニア、マルタ、モナコ、ラトビア、リトアニア、リヒテンシュタイン、ルクセンブルク、ルーマニア、ロシア
第3地帯 南米アフリカ 【南米】 アルゼンチン、ウルグアイ、エクアドル、コロンビア、チリ、パラグアイ、ブラジル、ベネズエラ、ペルー
【アフリカ】 アルジェリア、ウガンダ、エジプト、エチオピア、ガーナ、ガボン、ケニア、コートジボワール、ジブチ、ジンバブエ、スーダン、セネガル、タンザニア、チュニジア、トーゴ、ナイジェリア、ボツワナ、マダガスカル、南アフリカ共和国、南スーダン、モーリシャス、モロッコ、ルワンダ

サイズ及び重量制限は、宛先の国・地域により異なります。また、一部の宛先の国・地域については、取扱地域が限られています。詳しくは日本郵便株式会社Webサイトをご覧ください。

国際郵便マイページサービス

EMS等を利用する上で面倒な発送ラベル作成等を簡単便利に提供するサービスです。
国際郵便マイページ http://www.post.japanpost.jp/intmypage/whatsmypage.html

1. EMS ラベル印字ネット受付サービス
記入が面倒な発送ラベルのご依頼主・お届け先欄をオンラインで登録・注文することでEMSラベルに印字し、 ご自宅にお届けするサービスです。同じ宛先へ何度も送る場合に便利です。
2. オンラインシッピングツール
自宅のプリンターを使用して発送ラベルやインボイス等の必要書類を作成することができるサービスです。必要な情報を入力すれば、海外発送に必要な書類すべての印刷が可能です。

EMS(国際スピード郵便)以外の国際郵便は、AIR(航空郵便)、SAL(エコノミー航空郵便)、SEA(船便)があります。それぞれ通常郵便物と小包郵便物の2種類に分けられます。

下表のとおり運送方法と送りたいものを選んで利用できます。また、書留等の取り扱いができる場合もあります。

  通常郵便物 小包郵便物
葉書 書状 印刷物 小形包装物 小包
AIR(航空郵便)
SAL
(エコノミー航空郵便)
SEA
(船便郵便)
書留

国際郵便の各種商品・サービスの詳細はこちらをご覧ください。 国際郵便 商品・サービス

通常郵便物

葉書
日本から世界中に70 円で送ることができます。
航空書簡 「折りたたみ式の葉書」
形状で、日本から世界中に90円で送ることができます。
書状
封書、書類等を送る場合に利用します。
グリーティングカード
クリスマスカード等を送る場合に利用します。
印刷物
新聞紙、定期刊行物、書籍、冊子等を送る場合に利用します。
小形包装物
2kgまでの小さくて軽い物を送る場合に利用します。

小包郵便物

小包
荷物等を送る場合に利用します。最高重量は、30kgです。
最大サイズは、長さ=1.5m以内、長さ+胴回り=3m以内です。(宛先の国・地域によって条件が異なります)

AIR(航空郵便)

AIR(航空郵便)は、EMS(国際スピード郵便)よりも配達に日数がかかりますが、EMSと同様に航空輸送されます。宛先の国・地域においても優先的に配達されます。

SAL(エコノミー航空郵便)

SAL(エコノミー航空郵便)は、AIR(航空郵便)とSEA(船便)の中間のようなサービスです。日本から宛先国・地域までは航空機の空きスペースを利用した航空輸送を行い、宛先の国内ではSEAと同様に配達に時間を要します。

AIRよりも1週間程度遅れて航空輸送されますが、AIRよりも安い料金で利用できます。SALでは、AIRと同様に通常郵便物(印刷物及び小形包装物のみです)と小包郵便物を送ることができます。

SEA(船便)

SEA(船便)は、船舶輸送するサービスです。宛先の国・地域に到着するまでに2週間~3か月程度必要とし、宛先の国・地域に到着後もEMSやAIRよりも配達に時間を要しますが、1番安い料金設定です。

SEAでは、AIRと同様に通常郵便物(葉書、書状、印刷物及び小形包装物)と小包郵便物を送ることができます。

郵便局への転居手続

日本国内への転居の場合は、現住所の配達を受け持つ郵便局へ転居届を出します。旧住所宛の郵便物は1年間転居先へ転送してくれますが、転居先が日本国外である場合は、郵便物の国外転送は行っていません。

国際郵便サービスの詳細は、 日本郵便株式会社Webサイトでご確認ください。


あわせてこのページも見てみませんか?

海外赴任には、様々な手続きや準備が必要となります。そして手続きや準備を進めていくと、様々な問題や疑問が出来ます。そこで、海外赴任に関連する情報でよく見られているページをまとめてみました。

海外で新聞を読む日経電子版

ビジネスシーンに役立つ情報を素早くキャッチ出来るメディア、それが新聞。海外でも日本との情報時差なく読める日本の新聞とは?

海外引越しのトータルサービス日本通運の海外引越

引越の相談、梱包、船便・航空便での輸送や保険、税関手続きなど、海外引越しに関するトータルサービス

楽天市場でお買い物楽天市場

海外赴任前のお買い物は楽天市場で!海外発送代行サービスを利用して配送費をお得に!

Amazonでお買い物Amazon.co.jp

国内でいつも使っているAmazon.co.jpが海外でも使える!? 海外発送可能な商品の見つけ方

購入代行サービスZenMarket

海外で買えない日本の商品を、あなたに代わって購入しお届けする『購入代行サービス』はご存知ですか?

日本のお土産

海外赴任時に持参するおみやげは一体何が喜ばれるのか?相手の年齢、性別だけではなく、宗教や気候までを考えてセレクト

海外で日本のテレビを見るガラポンTV

海外の生活で毎日外国語に囲まれていると、日本のTVが恋しくなります。そこで、海外から日本のテレビを見る最適な方法をチョイス。

海外Wi-FiレンタルイモトのWi-Fi

世界中どこにいても、もはやインターネットは必要不可欠。特にビジネスシーンでは必須アイテムです。そこで、海外Wi-Fiレンタル。

アジア・欧州で使える携帯電話HTCスマートフォン

海外での携帯電話利用法は多種多様にありますが、アジア・欧州方面へ長期出張される方に最適な携帯電話があります。

アメリカで使える携帯電話hanacell

アメリカでも日本の携帯電話は使用できますが、料金が割高。長期で利用するなら、アメリカの携帯電話を利用するのが便利です。

現在の状況から探す

  • 海外赴任前の方へ
  • 海外駐在中の方へ
  • 日本へ帰国される方へ