赴任地での健康管理



赴任地での生活上の注意

亜熱帯から熱帯地域にかけては、蚊や虫の予防が大切(マラリア・フィラリア・デング熱・日本脳炎・ペストなどを媒介する)。

先進国でも(小さなリゾート地などで、飲料水が原因の下痢症が多発している)途上国でも、生水は飲まないようにする。必ず煮沸した湯ざましかミネラルウォーターを使用する。洗顔や歯磨き時の水や、水割りの氷にも気を配れるとよい。

また、途上国でワクチンの接種をうける時は、外国人への予防接種の経験がある医療機関を利用する。ワクチンの保存状態に疑問のある地域では、一時帰国してのワクチン接種も考えた方がよい。

途上国で現地人を雇う場合は、保健上の注意が必要となる。彼らに石けん・タオル・爪切り・カミソリ・歯ブラシなどを用意することを忘れない。

赴任地の医療事情

各国・各地域で千差万別なので、できるだけ赴任地での資料は集めておこう。

治療システムは、先進国では専門分野が細かく分類されており、ホームドクター制がとられているところが多い。

ホームドクター制

ホームドクターとは“かかりつけ医師”の意味で、一般的な病気の診断・治療・健康管理を行い、専門分野の診断が必要だったり、症状が重い時に専門医や病院へ紹介・取り次ぎをするシステムである。

ホームドクターには、技術が優れている、患者の訴えをよく聞く、病気について解り易く説明する、言葉が通じること等が望まれる。先輩や同僚など現地に住む日本人に聞き、選ぶ際の参考にしよう。

医薬分業制

医者は患者に処方箋を出すだけで、患者は薬局で薬を購入するという医薬分業制をとっているところが多い。

途上国へ行く場合は、応急手当用品などは日本から持って行くか送る方がよい。

医療保険

先進国と途上国では事情がまるで違う。

アメリカとヨーロッパでもかなりの差があるので、その地の詳しい人に聞くのが一番良い。

アメリカ以外の先進国の多くには国営または公営の医療保険があって、滞在邦人も加入できるし、雇用者側も一部保険金を負担するなど日本の健康保険に似たものが多い。アメリカなどでは、民間の医療保険を利用することになる。

赴任者は、企業を通して医療保険に加入するか、海外旅行保険の長期延長、駐在員保険などでカバーすることになる。

帰国のときは、解約手続を手配する。

帰国準備

帰国1~2カ月前から以下のものを医師から入手する準備をする。

  • 予防接種証明書(現地でうけた予防接種の種類・接種年月日・医師の署名のあるもの)
  • 病状経過診断書(現地で病気にかかり、帰国後も治療をうける必要のある場合)
  • マラリアの流行地から帰国する場合は、内服していた予防内服薬4週間分

あわせてこのページも見てみませんか?

海外赴任には、様々な手続きや準備が必要となります。そして手続きや準備を進めていくと、様々な問題や疑問が出来ます。そこで、海外赴任に関連する情報でよく見られているページをまとめてみました。

海外で新聞を読む日経電子版

ビジネスシーンに役立つ情報を素早くキャッチ出来るメディア、それが新聞。海外でも日本との情報時差なく読める日本の新聞とは?

海外引越しのトータルサービス日本通運の海外引越

引越の相談、梱包、船便・航空便での輸送や保険、税関手続きなど、海外引越しに関するトータルサービス

楽天市場でお買い物楽天市場

海外赴任前のお買い物は楽天市場で!海外発送代行サービスを利用して配送費をお得に!

Amazonでお買い物Amazon.co.jp

国内でいつも使っているAmazon.co.jpが海外でも使える!? 海外発送可能な商品の見つけ方

購入代行サービスZenMarket

海外で買えない日本の商品を、あなたに代わって購入しお届けする『購入代行サービス』はご存知ですか?

日本のお土産

海外赴任時に持参するおみやげは一体何が喜ばれるのか?相手の年齢、性別だけではなく、宗教や気候までを考えてセレクト

海外で日本のテレビを見るガラポンTV

海外の生活で毎日外国語に囲まれていると、日本のTVが恋しくなります。そこで、海外から日本のテレビを見る最適な方法をチョイス。

海外Wi-FiレンタルイモトのWi-Fi

世界中どこにいても、もはやインターネットは必要不可欠。特にビジネスシーンでは必須アイテムです。そこで、海外Wi-Fiレンタル。

アジア・欧州で使える携帯電話HTCスマートフォン

海外での携帯電話利用法は多種多様にありますが、アジア・欧州方面へ長期出張される方に最適な携帯電話があります。

アメリカで使える携帯電話hanacell

アメリカでも日本の携帯電話は使用できますが、料金が割高。長期で利用するなら、アメリカの携帯電話を利用するのが便利です。

現在の状況から探す

  • 海外赴任前の方へ
  • 海外駐在中の方へ
  • 日本へ帰国される方へ