引越荷物の仕分け



荷物の発送

持っていくべき荷物山ほどある引越荷物はまず、以下のように分けて考える必要がある。
引越荷物の仕分け

何を残し何を持っていくかは判断に迷うところだろう。全部持っていけば仕分けの手間はかからないが輸送費が多額になり、場合によっては関税で思わぬ出費を強いられる。
最低限必要なものだけ送り、残りのほとんどを現地で購入することにした場合、探す手間がかかるし、多額の出費を覚悟しなければならない。

一応の目安としては、現在使っている衣類、食器などの日用品はほとんどすべてを送る。
それ以外については荷物の優先順位を決め、会社などが決める規定量または支給される海外赴任手当を考慮して送る荷物を決めればよい。

日本に残す荷物

  • 実家や親戚に預ける。
  • 営業用一般倉庫を利用する。
  • トランクルーム(定温倉庫)を利用する。
    (温度18℃、湿度50%に空気調整できる倉庫であらゆる種類の家財を最適の状態で保管できる)

トランクルームの利用方法については「引越荷物の保険・トランクルーム」に記載しております。

電化製品

国によって電圧・周波数・プラグ形状が違うので、事前にその国の電気事情をよく調べてから持っていくものを決める。日本で使用していた電化製品をそのまま海外で使うには、それぞれの器具の消費電力に対応した変圧器を用意しなくてはならない。
ただし、テレビ・ラジオ・オーディオ製品等は、変圧器を使用しても、放送周波数・放送様式が違うために使えない場合がある。

電圧の例
アメリカ 120V 60Hz
イギリス 240V 50Hz
ドイツ 220V 50Hz
シンガポール 230V 50Hz
ホンコン 220V 50Hz
>>各国の電圧一覧表

海外旅行者向けのドライヤー・シェーバー・アイロン・変圧器などの電化製品は、量販店の海外旅行用品売場や電気製品売場等で取り扱っている。中には、本格的な海外仕様品のツーリストモデルもあるので、確認してみるのもいい。

変圧器・電気炊飯器・トースター・グリル鉄板・掃除機・電気こたつ・電気ストーブ・電気毛布・ドライヤー・ホットカーラー・扇風機・電子レンジ・アイロン・電気スタンド・除湿器・布団乾燥器

台所用品・食器

使い慣れたものは全部持っていき、足りないものを現地で揃えるとよい。乾燥のひどい国では漆器類はひび割れするので高価なものは持っていかない。

包丁・まな板・蒸し器・鍋類・おろし金・魚焼網・漬物器・計量カップ、スプーン・しゃもじ・おたま・卓上ポット・日本ふきん・おしぼり・タオル・箸と箸置・日用食器・椀・大皿・湯のみ・急須・洋食器・和食器(海外では手に入りにくい)・酒器・竹製品

食料品

もち米・調味料(醤油、米酢、酒とみりん、味噌、黒砂糖、胡麻油、ラー油、ウスターソース、とんかつソース、化学調味料、だしの素)・日本茶・片栗粉・パン粉・乾麺・インスタント豆腐の素・コンニャクの素・乾物類(干しいたけ、かんぴょう、高野豆腐、海苔、麩、わかめ、かつお節、だし昆布、だしじゃこ、切り干大根、ひじき、春雨、きくらげ、ゆば、干ぜんまい等)・佃煮と漬物・和風スパイス(わさび、からし、七味、さんしょう)・和菓子の材料

日用品

今ではほとんどのものを現地で購入できる。
その為、本当に必要なものだけを持参すれば生活する上では十分なはずだ。ただし、愛着のあるものや、色や大きさ・柄などにこだわりたい場合は持って行った方がいい。スリッパや洗濯バサミ、タオル類などは日本から持って行く人も多いようだ。

医療品

現在使用中の薬は必ず持参する。特に投薬中の薬は医師の英文の処方箋と一緒に持参する。
常備薬はすこし多めに用意しておいた方がよい。ただし大量に持ち込む場合(特に粉薬)は、税関とのトラブル防止のため説明書を持参する。(個人使用の範囲内であれば持ち込みは許可されることが多いので、その辺りの事情を考慮すること。)

風邪薬・胃腸薬・便秘薬・熱さまし・座薬・目薬・軟膏・消毒薬・トローチ・サロンパス・キンカン・メンソレータム・アイスノン・氷枕・眼帯・マスク・体温計(セ氏、カ氏両用)・予備のメガネ・コンタクトレンズ(洗浄液も)

化粧品

ふだん使い慣れているものを少し買い足して持っていく。
(特に、敏感肌やアレルギー体質の人は、すこし多めに用意するとよい)

書籍

電子書籍も便利である。用途や重量を考慮し、持って行くものとそうでないものを決める。

英和、和英辞典・赴任先国の適用言語の辞書・国語辞典・漢和辞典・百科事典・家庭用医学書・日本を紹介する本・日本地図・世界地図・日本史年表・世界史年表・赴任地の歴史書・折紙の本・童話・生花の本・お茶の本・料理の本・小説・絵本

学用品

日本人学校に入学する際に必要な学用品は、海外子女教育振興財団で教えてくれる。現地校やインターナショナルスクールの場合は、特別な準備は一般的に不要である。

学習参考書・書道道具一式・定規・筆箱・ソロバン・分度器・コンパス・鉛筆削り・卓上スタンド・鉛筆・消しゴム・弁当箱セット・水筒(日本人学校および補習校に行く場合に必要)・画板・裁縫セット・絵具セット・音楽教材

衣 類

家庭用の肌着などは特に多めに持参する(日本ほどに高品質のものが手ごろな値段で手に入るところはない)。外国製のものはサイズが合わない場合があるので、ワイシャツなども多めに用意する。

子ども服は滞在予定年数を考えて成長に合わせて品揃えする。浴衣、下駄、帯、和服、パーティードレス等は必要に応じて用意する。

現在はいているものは持参すると便利だろう。女性用は22.5cm以下、男性用は24cm以下のものは手に入りにくい。子どもの運動靴は日本から持っていった方がよい。小さな子どもには外遊び用の短い長靴が必需品。

室内装飾品

好みに合わせて和風のものなど。

趣味のもの

麻雀、囲碁、将棋セット・トランプ・書道セット・ゴルフ用具・テニスラケット・スキー用具・釣具・楽器・手芸セット・茶道具一式・花器・花バサミ・剣山・自転車

その他

子どもの使用していたものはなるべく全部持参すると精神的にもよい。

座卓・布団・座布団・カメラ・電卓・パソコン・アルバム・子どものおもちゃ

このページの関連記事

海外いろはイチオシのサービス「日本通運の海外引越」!

海外引越業界のパイオニアとして全世界42カ国、260都市(2016年3月31日現在)に拠点を持つ日通の海外引越は、お引越の相談から、梱包、船便・航空便での輸送や保険、税関手続きはもちろん、国内に残されるお荷物をお預かりするトランクルーム保管や国内引越まで、海外引越に関するあらゆるご要望にお応えします。

お申込み・購入したい方は日本通運の海外引越に申し込む

もっと詳しく知りしたい方は日本通運の海外引越の詳細を確認する


あわせてこのページも見てみませんか?

海外赴任には、様々な手続きや準備が必要となります。そして手続きや準備を進めていくと、様々な問題や疑問が出来ます。そこで、海外赴任に関連する情報でよく見られているページをまとめてみました。

海外で新聞を読む日経電子版

ビジネスシーンに役立つ情報を素早くキャッチ出来るメディア、それが新聞。海外でも日本との情報時差なく読める日本の新聞とは?

海外引越しのトータルサービス日本通運の海外引越

引越の相談、梱包、船便・航空便での輸送や保険、税関手続きなど、海外引越しに関するトータルサービス

楽天市場でお買い物楽天市場

海外赴任前のお買い物は楽天市場で!海外発送代行サービスを利用して配送費をお得に!

Amazonでお買い物Amazon.co.jp

国内でいつも使っているAmazon.co.jpが海外でも使える!? 海外発送可能な商品の見つけ方

購入代行サービスZenMarket

海外で買えない日本の商品を、あなたに代わって購入しお届けする『購入代行サービス』はご存知ですか?

日本のお土産

海外赴任時に持参するおみやげは一体何が喜ばれるのか?相手の年齢、性別だけではなく、宗教や気候までを考えてセレクト

海外で日本のテレビを見るガラポンTV

海外の生活で毎日外国語に囲まれていると、日本のTVが恋しくなります。そこで、海外から日本のテレビを見る最適な方法をチョイス。

海外Wi-FiレンタルイモトのWi-Fi

世界中どこにいても、もはやインターネットは必要不可欠。特にビジネスシーンでは必須アイテムです。そこで、海外Wi-Fiレンタル。

アジア・欧州で使える携帯電話HTCスマートフォン

海外での携帯電話利用法は多種多様にありますが、アジア・欧州方面へ長期出張される方に最適な携帯電話があります。

アメリカで使える携帯電話hanacell

アメリカでも日本の携帯電話は使用できますが、料金が割高。長期で利用するなら、アメリカの携帯電話を利用するのが便利です。

現在の状況から探す

  • 海外赴任前の方へ
  • 海外駐在中の方へ
  • 日本へ帰国される方へ