海外赴任中のメンタルケア



海外赴任時のストレス

赴任地や本人の感じ方によりその大きさは異なるが、言語や仕事・生活習慣の違い、対人関係、日本本社からのプレッシャーなど、海外赴任中は日本国内以上にストレスがたまる、という声をよく聞く

外赴任の生活は仕事以外の時間もその国で過ごすことになる。自ら望んで赴任したとしても、仕事中だけではなく日常生活が常に緊張状態にあることは、ストレスの大きな要因の一つだ。海外赴任が特別ではなくなってきた今日、単身赴任や自ら望まない海外勤務も増え、実際に精神的な問題が原因で途中帰国した例、あるいは専門的な対応が必要となる事例も発生している。

メンタルケアは赴任者自身や企業にとってこれまで以上に重要な問題だ。

出発前の注意

海外で不測の事態や未経験なことを避けるのは現実的に難しい。出発前にできるだけ多くの準備をしておきたい。

まず、事前に現地の情報を十分に収集すること。海外赴任のマイナス面だけでなくプラス面も見えてくるし、どういったことが起こるかを少しだが予想することもできる。異文化に適応していく過程は一般的に「ハネムーン期→批判期→適応期」を経るといわれる。赴任当初の新鮮な驚きや感激は徐々に薄れ、だんだん不平不満が生じるが、やがて受け入れて落ち着く。こういった変化が起こるということも覚えておくと自分自身を客観的に見つめる助けになる。

また赴任生活では仕事、人間関係(現地職員や邦人社会)、異文化環境などストレスはいろいろなところから生じる。ストレスを自分自身で上手に整理できることもポイントだ。特に赴任者の場合は職場と生活のストレスを混同せず整理するようにしよう。日本語で相談ができる支援者がいることも大切だ。現地あるいは日本で、赴任中にも連絡を取り合える家族や友人の連絡先をしっかりと控えておこう。Skypeなどのネットを経由したやり取りも活用したい。アカウントを持っていない場合は渡航前にぜひ用意を。海外生活中に使うシーンが出てくるはずだ。

同伴家族のメンタルケア

帯同者がいる場合、同伴家族へのケア、家族間でのコミュニケーションも非常に重要。

赴任者本人には仕事や接待などで、安定する場所や人間関係があるが、帯同者は知り合いがいない孤独な環境下で心理的に不安定になりやすい。中には、帯同のために日本での仕事を辞めた複雑な思いや、仕方なくついてきたという思いが引っかかり続ける場合も。

同伴家族のメンタルケアは家族の健康や、本人のパフォーマンスにも影響する大事な要素なので、家族で集まる場などを活用し仲間を積極的に紹介するなど、家族同士のネットワークづくりを大切にしよう。

節度ある健康的なライフスタイルを

過度のアルコール摂取は睡眠の質を下げたり、生活習慣病への影響などマイナス面も多く、特に単身赴任者や管理職の場合にはアルコール依存症や精神疾患へ発展するケースもある。緊張の多い生活でビジネス上お酒の付き合いが必要なこともあるが、節度のある生活を心がけたい。特に中国赴任の場合、ビジネスシーンでお酒の付き合いが多く要注意だ。

適度な運動も健康維持に効果的。現地のスポーツサークルへ参加したり、治安の心配がなければジョギングも良いだろう。

最近は海外勤務の異動が決まっても「海外赴任したくない」と感じる人もいるだろう。帯同者であれば、その割合はさら高くなるだろう。初めての海外勤務となれば不安は大きい。

しかし「海外赴任を楽しもう」というプラスのモチベーションを持ち、現地に向かっていきたい。日本では絶対に経験できない貴重な体験もあるだろうし、海外に出て初めて日本の良さや素晴らしさを再確認することも多い。気持ちの持ちよう一つで、海外勤務も大きく変わる。

しかし個人ではどうにもできないこともある。その場合は専門的なケアが必要だ。事前に勤務先のメンタルヘルス相談窓口などを確認しておこう。また、一部都市では日本語でのメンタルケアに取り組む団体も活動している。その他、自分自身で知識をつけセルフケア能力を高めることも重要だ。出発前は何かと忙しいが、書籍やセミナーなどで情報を収集しよう。

日本語でのメンタルケアに取り組む団体

JAMSNET:ニューヨーク

邦人医療相談室:パリ 虹の会:パース

NGO「こころの電話」:バンコク

メンタルヘルス専門家ネットワーク:ワシントン

JBライン:ボストン JSS:トロント

Hope Connection:メルボルン

ジャカルタカウンセリング:ジャカルタ

(一社)日本在外企業協会発行
月間グローバル経営2014年11月号より

参考文献

鈴木 満 編著/旺文社
具体的な海外でのこころの問題の事例やセルフケアなどについて知ることができる。


あわせてこのページも見てみませんか?

海外赴任には、様々な手続きや準備が必要となります。そして手続きや準備を進めていくと、様々な問題や疑問が出来ます。そこで、海外赴任に関連する情報でよく見られているページをまとめてみました。

海外で新聞を読む日経電子版

ビジネスシーンに役立つ情報を素早くキャッチ出来るメディア、それが新聞。海外でも日本との情報時差なく読める日本の新聞とは?

海外引越しのトータルサービス日本通運の海外引越

引越の相談、梱包、船便・航空便での輸送や保険、税関手続きなど、海外引越しに関するトータルサービス

楽天市場でお買い物楽天市場

海外赴任前のお買い物は楽天市場で!海外発送代行サービスを利用して配送費をお得に!

Amazonでお買い物Amazon.co.jp

国内でいつも使っているAmazon.co.jpが海外でも使える!? 海外発送可能な商品の見つけ方

購入代行サービスZenMarket

海外で買えない日本の商品を、あなたに代わって購入しお届けする『購入代行サービス』はご存知ですか?

日本のお土産

海外赴任時に持参するおみやげは一体何が喜ばれるのか?相手の年齢、性別だけではなく、宗教や気候までを考えてセレクト

海外で日本のテレビを見るガラポンTV

海外の生活で毎日外国語に囲まれていると、日本のTVが恋しくなります。そこで、海外から日本のテレビを見る最適な方法をチョイス。

海外Wi-FiレンタルイモトのWi-Fi

世界中どこにいても、もはやインターネットは必要不可欠。特にビジネスシーンでは必須アイテムです。そこで、海外Wi-Fiレンタル。

アジア・欧州で使える携帯電話HTCスマートフォン

海外での携帯電話利用法は多種多様にありますが、アジア・欧州方面へ長期出張される方に最適な携帯電話があります。

アメリカで使える携帯電話hanacell

アメリカでも日本の携帯電話は使用できますが、料金が割高。長期で利用するなら、アメリカの携帯電話を利用するのが便利です。

現在の状況から探す

  • 海外赴任前の方へ
  • 海外駐在中の方へ
  • 日本へ帰国される方へ