海外でのインターネットの利用



メールやSNS、IP電話の利用など、インターネットは情報の収集・発信はもちろん、コミュニケーションツールとしても生活に必要不可欠なものになっている。国際電話やネットショッピングなど、日本とのやり取りが増える海外赴任生活では、これまで以上に必要なものになるだろう。

ここでは一般的な、海外でのインター ネット利用方法をお伝えする。


現地のプロバイダとの契約

海外でも、インターネットインフラが整っている国・地域では、日本と同じようにインターネットを使用することができる。

日本でインターネットを利用する時のように、現地プロバイダと契約をすれば良い。海外のプロバイダと契約する上で大切なのは、信頼できるプロバイダを選ぶこと。日本で事前に調べたり、前任者に聞くなどして、予め準備しておけば大丈夫だろう。

加入の際は、英語や現地語での契約が必要となる。何かトラブルが起きて対応してもらう際も最低限の語学力が求められる為、そこをくクリアできるかが大きなポイントにもなる。

地球のつなぎ方
初めて海外ネットに挑戦する人から上級者まですべての方に今すぐ役に立つ海外モバイル情報をお届け

日本のプロバイダの海外ローミングサービス

いくつかの日本のプロバイダでは、海外ローミングサービスを行っている(日本のプロバイダが提携している現地アクセスポイントに接続し、インターネットや電子メールサービスを受けることができる)。利用したい場合は、日本で加入しているプロバイダが同サービスを行っているか、インターネットや店頭などで渡航前に必ず確認すること。

一般的には、国際ローミングサービスを利用することで、「現地の電話回線があればすぐにインターネットが利用できる」「日本で使用していたメールアドレスをそのまま使うことができる」などのメリットがある。
一方、「現地プロバイダに比べ料金設定が高い」「現地アクセスポイントまでの電話代がかかる」「国や地域によってはアクセスポイントに接続できない」などのデメリットもある。

それらを考慮すると、海外赴任時は、生活・滞在時間が長いこともあり、現地でプロバイダ契約をすることをお勧めしたい。
前述の通り、契約時等に最低限の語学力が必要となる為、初めは日本のプロバイダに加入しておき、生活に慣れてきたら現地のプロバイダに変更するのも良いかもしれない。

ネット途上地域は、インターネットの利用がダイヤルアップ接続に

海外では、インターネットインフラが整っていない国・地域も多い。まずは赴任先にどのようなインターネット利用環境があるかは、事前に調べておく。

インターネットインフラが整っていない国・地域では、電話回線を利用したダイヤルアップ接続で、インターネットを使用することが多い。日本に比べると、通信速度も遅くなる。その場合は、電話回線接続用のモデム(またはモデムが内臓されているパソコン)を用意する必要がある。モデムはその国で使用許可を取得しているものに限られる為、赴任国の認可モデムであるかどうかの確認も、事前に済ませておく。

また、注意事項として、国・地域によっては電話回線の品質が異なる場合がある。電話回線にパソコンを接続する前に電話回線チェッカー(モデムセーバー)で使用可能な電話回線であることを確認するなど、パソコンの内蔵モデムを壊さない対策をすると良いだろう。

ただ、海外でのインターネットについてはあまり心配する必要はないだろう。近年のインターネットとそのインフラの発達により、日本企業が進出する多くの国・地域では、問題なくインターネットが利用できるはずだ。自宅での利用はもちろん、インターネットカフェなど街中でも利用可能場所を探すことができる。また、海外では日本以上に無線LAN、無料Wi-Fiスポットが多い。空港やレストラン、カフェはもちろん、公園内でもそのようなポイントを見つけることができる。スマートフォンやタブレット末端があれば、簡単に世界中のいろいろな国・地域でインターネットを利用できる環境が整っている。

便利さの一方で、そのようなポイントではセキュリティが甘いことも多い。その為、「共用のパソコンには個人情報を残さない」「使用後にはデバイスのウイルススキャンをする」など、セキュリティ面にも注意しておくと良いだろう。

身近になる電子書籍

スマートフォンやタブレットの利用者が増える中で、電子書籍がより身近になってきている。中には「日本発行のクレジットカードのみ」「閲覧には日本版のOS を使用していること」などの条件がある場合もあるので、使用前にしっかりと確認しよう。 ここではいくつかの電子書籍サービスを紹介しておく。

サービス名称 URL サービス概要

eBookJapan

http://www.ebookjapan.jp/ebj/

マンガを中心に200,000 冊以上の電子書籍を販売

パブリ

http://www.paburi.com/

電子書籍の総合書店。iPhone・iPad・Android・PCで読むことができる。

Sony リーダーストア

http://ebookstore.sony.jp/

電子書籍のオンラインストア。各末端へのダウンロード販売。ソニーが提供。

ガラパゴスストア

http://galapagosstore.com/

書籍・コミック・雑誌・新聞と幅広く「読む」電子コンテンツを扱う総合電子書籍ストア。シャープが提供。

楽天Kobo

http://books.rakuten.co.jp/e-book/

24時間購入可能な電子書籍ストア。楽天Koboにより提供。

BookLive

http://booklive.jp/

マンガ・書籍・ラノベ・雑誌・写真集が読める、国内最大級の蔵書数を誇る電子書籍の書店。

honto

http://honto.jp/

書店、書籍の通販サイト、電子書籍ストアがひとつになった新しいタイプの総合書店

ビューン

http://www.viewn.co.jp/

60誌以上の人気雑誌・名作コミックが読み放題のアプリ

(2014年11月現在)


あわせてこのページも見てみませんか?

海外赴任には、様々な手続きや準備が必要となります。そして手続きや準備を進めていくと、様々な問題や疑問が出来ます。そこで、海外赴任に関連する情報でよく見られているページをまとめてみました。

海外で新聞を読む日経電子版

ビジネスシーンに役立つ情報を素早くキャッチ出来るメディア、それが新聞。海外でも日本との情報時差なく読める日本の新聞とは?

海外引越しのトータルサービス日本通運の海外引越

引越の相談、梱包、船便・航空便での輸送や保険、税関手続きなど、海外引越しに関するトータルサービス

楽天市場でお買い物楽天市場

海外赴任前のお買い物は楽天市場で!海外発送代行サービスを利用して配送費をお得に!

Amazonでお買い物Amazon.co.jp

国内でいつも使っているAmazon.co.jpが海外でも使える!? 海外発送可能な商品の見つけ方

購入代行サービスZenMarket

海外で買えない日本の商品を、あなたに代わって購入しお届けする『購入代行サービス』はご存知ですか?

日本のお土産

海外赴任時に持参するおみやげは一体何が喜ばれるのか?相手の年齢、性別だけではなく、宗教や気候までを考えてセレクト

海外で日本のテレビを見るガラポンTV

海外の生活で毎日外国語に囲まれていると、日本のTVが恋しくなります。そこで、海外から日本のテレビを見る最適な方法をチョイス。

海外Wi-FiレンタルイモトのWi-Fi

世界中どこにいても、もはやインターネットは必要不可欠。特にビジネスシーンでは必須アイテムです。そこで、海外Wi-Fiレンタル。

アジア・欧州で使える携帯電話HTCスマートフォン

海外での携帯電話利用法は多種多様にありますが、アジア・欧州方面へ長期出張される方に最適な携帯電話があります。

アメリカで使える携帯電話hanacell

アメリカでも日本の携帯電話は使用できますが、料金が割高。長期で利用するなら、アメリカの携帯電話を利用するのが便利です。

現在の状況から探す

  • 海外赴任前の方へ
  • 海外駐在中の方へ
  • 日本へ帰国される方へ