コラム/海外での出産経験


ドイツでの出産 ハプニングとアクシデント

フレンズ帰国生 母の会/ Y.A

私は主人の赴任に伴い、2人の娘を南ドイツのニュールンベルクで出産しました。
長女の出産の時は、英語の話せる産科の担当医がバケーション中で連絡がつかず、別の英語を話せない先生の元、初産に望みました。この時はまだ訪独してから4 カ月しか経っておらず、ドイツ語の儘ならない私はとても不安でした。そのことを察してかポーランド人の助産師さんが一晩中、付き添ってくれていました。そして微陣痛の中、陣痛促進剤を打つと痛みがひどく酸素過多になり、紙袋を口に当て呼吸し痛みに耐えていました。いよいよ分娩台に移った時には病院に入ってから35 時間が経っており体力低下で、うまく力むことができませんでした。何回か力んだ後、おそらく体重が70 キロは軽く超えているであろう1 人の助産師さんがドシっと分娩台に片足をのせ、いきなりプロレスの技エルボーの腕を私のみぞおちに当て下に向かって、私が力むタイミングで押したのです。「えっ、何なに?」と思ったその時です。「ボキッ」と鈍い音が…。そんな中、長女は無事に産まれ、主人と嬉し泣きしている間に、出産の手伝いに来ていた母は、初孫になった娘を主人より早く抱きしめていました。2日がたった頃、動くと肋骨が痛く腫れていたのでレントゲンを撮ると、案の定、肋骨にひびが入っていました。固定する術もなくただただ湿布で冷やすだけでした。そして5 日が経ち娘を沐浴させた時のことです。それまでついていた臍のうがありません。看護師さんに聞くとゴミ箱に捨てたとのことで、これは一大事とばかりに新生児室のゴミ箱を漁り探し出しました。看護師さんは何をこの東洋人はしているのかと不思議そうでしたので、辞書を引きひき説明しました。その後は日本のことに興味津津で、入院中は事あるごとに日本ではどうなのかを質問してきました。私も独会話の勉強になり、コミュニケーションのツールとして辞書は大活躍でした。

それから3 年後、今度は次女の出産です。担当医は長女の時バケーションで留守だった先生です。それは不意にやって来ました。あと1カ月で出産という時です。私はいつものように長女に着替えをさせて立とうとしたら「えっ。へぇぇ。」と全く下半身に力が入りません。何故か笑えてくるこの状況に何が起きたのか分からず、長女に電話を持ってきてもらい主人に連絡し、産科にも電話をして指示を仰ぎました。長女は近所のドイツ人の友人宅にお願いして、主人と出産する病院へ急ぎました。入院になり担当医の診察を部屋で待っていたのですが、担当医は姿を見せず、看護師さんには「とにかくベットで安静にして」と言われ横になること8 時間余り、やっと来た担当医に「歩いて見て」と言われ、歩くと「あなたはダチョウか。あっはっは。」とこちらの心配は余所に笑うのです。診断の結果は恥骨の脱臼でした。出産が近づくと筋肉と関節が緩み急に立ったりすると起こるというものでした。そのことを聞いた私は、つたないドイツ語で「赤ちゃんは大丈夫か。」「自然分娩はできるのか。」と涙ながらに質問していました。担当医に「 赤ちゃんは大丈夫。よくあること。とにかく安静に。トイレも看護師を呼んで。絶対いいと言うまで歩かないこと。」と言われました。そして3日の間、安静にして退院しました。出産の時は陣痛の合間に赤ちゃんが産まれ易くなると言われ、主人に付き添われながら3 階までの階段の上り下りをしました。そして2往復もすると分娩室に入ることができました。陣痛の痛みは長女の時と違い尋常ではありませんでしたし恥骨の脱臼もしましたが、入院して6 時間後には主人も立ち会い元気に自然分娩で産まれてきました。

ドイツでの出産は私にとって一生の思い出です。そして、ニュールンベルクのマルタ・マリア病院の先生方、助産師さんと看護師さんには、無事に異国の地で2 人の娘を出産させて頂き感謝の気持ちでいっぱいです。


あわせてこのページも見てみませんか?

海外赴任には、様々な手続きや準備が必要となります。そして手続きや準備を進めていくと、様々な問題や疑問が出来ます。そこで、海外赴任に関連する情報でよく見られているページをまとめてみました。

海外で新聞を読む日経電子版

ビジネスシーンに役立つ情報を素早くキャッチ出来るメディア、それが新聞。海外でも日本との情報時差なく読める日本の新聞とは?

海外引越しのトータルサービス日本通運の海外引越

引越の相談、梱包、船便・航空便での輸送や保険、税関手続きなど、海外引越しに関するトータルサービス

楽天市場でお買い物楽天市場

海外赴任前のお買い物は楽天市場で!海外発送代行サービスを利用して配送費をお得に!

Amazonでお買い物Amazon.co.jp

国内でいつも使っているAmazon.co.jpが海外でも使える!? 海外発送可能な商品の見つけ方

購入代行サービスZenMarket

海外で買えない日本の商品を、あなたに代わって購入しお届けする『購入代行サービス』はご存知ですか?

日本のお土産

海外赴任時に持参するおみやげは一体何が喜ばれるのか?相手の年齢、性別だけではなく、宗教や気候までを考えてセレクト

海外で日本のテレビを見るガラポンTV

海外の生活で毎日外国語に囲まれていると、日本のTVが恋しくなります。そこで、海外から日本のテレビを見る最適な方法をチョイス。

海外Wi-FiレンタルイモトのWi-Fi

世界中どこにいても、もはやインターネットは必要不可欠。特にビジネスシーンでは必須アイテムです。そこで、海外Wi-Fiレンタル。

アジア・欧州で使える携帯電話HTCスマートフォン

海外での携帯電話利用法は多種多様にありますが、アジア・欧州方面へ長期出張される方に最適な携帯電話があります。

アメリカで使える携帯電話hanacell

アメリカでも日本の携帯電話は使用できますが、料金が割高。長期で利用するなら、アメリカの携帯電話を利用するのが便利です。

現在の状況から探す

  • 海外赴任前の方へ
  • 海外駐在中の方へ
  • 日本へ帰国される方へ