荷物の仕分



仕分けが重要

大量の荷物の中から何を持ち帰り、何を処分するかは判断に迷うところだが、まずは帰国後の生活ですぐに必要となるものから優先順位をつけて仕分けをする。全部持ち帰れば仕分の手間は省けるが、輸送費がかさみ、場合によっては通関で多額の税金がかかることも考えておかなければならない。

会社などが決める規定量、または支給される帰国手当なども考慮しておく必要がある。仕分け時には下記ポイントが重要となる。

  • いるか、いらないか
  • すぐに使うか、あとでも良いか

すぐに使うものは航空便で、あとでも良いものは船便で、と仕分けよう

処分する荷物と持ち帰る荷物

帰国後、新しく買い換える予定にしているものなどは、現地で思い切って処分するほうがよいだろう。まだ十分使えるものは友人や世話になった人などに話をして使ってもらうか、現地の慈善団体などに寄付すると喜ばれる。もちろん有料で譲るのもよい。

引越までの期間が短い場合は、単品で売るよりもある程度まとめた方が売却しやすくなるはずだ。日本に持ち帰りたい場合でも、ものによっては引越荷物に入れられないもの、制限があ
るもの、禁止されているものなど法律上さまざまな制限や禁止条項があるので、注意しなければならない。

持ち帰る場合は免税の範囲なども知っておく必要がある。それらも踏まえ、荷物の仕分けをしよう。

輸入禁止品

関税法により、輸入してはならないと規定されている。輸入禁止品には下記などが該当する。

  • あへん(およびその喫煙具)、コカイン、大麻、覚醒剤、けしや大麻の実などの麻薬類。
  • ダイナマイトなどの爆発物、火薬、爆薬等。
  • 公安又は風俗を害すべき書籍、図画、彫刻物その他の物品(雑誌やDVDなど)
  • 偽造・変造・模造の通貨あるいは証券など。
  • 著作権、特許権、商標権などの知的所有権を侵害した商品。

輸入規制品

日本の国内法令により、輸入が制限されているものがある。下記などが代表的なものとなる。

  • 「絶滅のおそれのある野生動物の種の国際取引に関する条約」(ワシントン条約)で規制されているもの=規制の対象にあげられているものについては決められた輸出許可書や輸入許可書がなければ持ち込めない。
  • 鉄砲・刀剣類=都道府県公安委員会の所得許可をとったあとでなければ通関できない。(ただし日本国内では拳銃、空気銃、外国製の刀剣などは原則として所持できないことになっている)
  • 動物・植物産品の特別規制=動物・畜産物および植物を輸入する場合は、通関の前に動植物検疫所の検疫が必要。その際輸出国政府機関発行の輸出検査合格証明書の原本を提出しなければならない。
  • 犬の検疫=輸出国政府機関が発行した狂犬病予防注射証明書、およびその犬が狂犬病にかかっていないことを証明する健康証明書の2通が必要。
  • 薬事法で規制されているもの=海外では健康食品として販売されているものでも、成分によっては輸入の制限を受けるものもある。

輸入免税について

外国で1年以上生活をした場合、持ち帰る品物のうち一定範囲内は免税扱いとなる。ただし、入国者またはその家族が個人的に使用していたもの(中古品)に限られる。

日本への持ち込みが規制されているもの(代表例)
項目 持ち込めないもの 持ち込むには許可書などが
必要なもの
生きている
動植物
サル類 テナガザル、チンパンジー、
キツネザル、スローロリス
アカゲザル、
カニクイザル
オウム類 ミカドボウシインコ、コンゴウインコ オウム
植物 パフィオペディルム属のラン ラン、サボテン、シクラメン、
フロリダソテツ
その他 アジアアロワナ、
マダガスカルホシ ガメ
イグアナ、カメレオン、ヤマネコ、
リクガメ
加工品
製品
毛皮・敷物 トラ、ヒョウ、ジャガー、チーター、
ヴィクーニャ(ラクダ)
ホッキョクグマ
皮革製品
(ハンドバッグ、ベルト、財布等)
アメリカワニ、シャムワニ、
アフリカクチナガワニ、
クロカイマン、
インドニシキヘビ、オーストリッチ
ワニ:クロコダイル、アリゲーター
ヘビ: ニシキヘビ、キングコブラ、アジアコブラ
トカゲ:オオトカゲ、テグトカゲ
象牙製品 インドゾウ、アフリカゾウ  
はく製・標本 オジロワシ、ハヤブサ、ウミガメ フクロウ、キシタアゲハ、シャコ貝、
石サンゴ、角サンゴ
アクセサリー トラ・ヒョウの爪、サイの角 ピラルクのウロコ、
クジャクの羽うちわ
その他 漢方薬
(虎骨、麝香、木香を含むもの)
胡弓
(ニシキヘビの皮を使ったもの)
免税の範囲
商品 数量または価格 備考
酒類 3本 1本760ml程度のもの。
たばこ 紙巻たばこ
のみの場合
200本(日本製) 外国に居住している人は免税範囲が2倍になる。
200本(外国製)
葉巻たばこ
のみの場合
50本
その他の場合 250g
香水 2オンス 1オンスは約28ml(オーデコロン、オードトワレは含まれない。)
その他のもの象牙製品 20万円(海外市価の合計額)
  • 合計額が20万円を超える場合には、20万円以内におさまる品物が免税になり、その残りの品物に課税される。税関は、旅行者に有利になるように、免税となる品目を選択のうえ課税する。
  • 1個で20万円を超える品物、例えば、25万円のバッグは25万円の全額について課税される。
  • 1品目ごとの海外市価の合計額が1万円以下のものは、原則として免税となる。(例えば、1個1,000円のチョコレート9個や1本5,000円の
    ネクタイ2本は免税になる。)
  • (注1)未成年者の場合は「酒類」と「たばこ」は免税にならない。1歳未満の者は、おもちゃなど明らかに本人用と認められるもの以外は課税される。
  • (注2)「海外市価」とは、外国における通常の小売購入価格のことをいい、円貨換算は定められた公示レートにより行われる。
  • (注3)この免税範囲を超えた場合、商品や商業用サンプルには、品物の種類などに応じた税率によって税金が課せられる。

あわせてこのページも見てみませんか?

海外赴任には、様々な手続きや準備が必要となります。そして手続きや準備を進めていくと、様々な問題や疑問が出来ます。そこで、海外赴任に関連する情報でよく見られているページをまとめてみました。

海外で新聞を読む日経電子版

ビジネスシーンに役立つ情報を素早くキャッチ出来るメディア、それが新聞。海外でも日本との情報時差なく読める日本の新聞とは?

海外引越しのトータルサービス日本通運の海外引越

引越の相談、梱包、船便・航空便での輸送や保険、税関手続きなど、海外引越しに関するトータルサービス

楽天市場でお買い物楽天市場

海外赴任前のお買い物は楽天市場で!海外発送代行サービスを利用して配送費をお得に!

Amazonでお買い物Amazon.co.jp

国内でいつも使っているAmazon.co.jpが海外でも使える!? 海外発送可能な商品の見つけ方

購入代行サービスZenMarket

海外で買えない日本の商品を、あなたに代わって購入しお届けする『購入代行サービス』はご存知ですか?

日本のお土産

海外赴任時に持参するおみやげは一体何が喜ばれるのか?相手の年齢、性別だけではなく、宗教や気候までを考えてセレクト

海外で日本のテレビを見るガラポンTV

海外の生活で毎日外国語に囲まれていると、日本のTVが恋しくなります。そこで、海外から日本のテレビを見る最適な方法をチョイス。

海外Wi-FiレンタルイモトのWi-Fi

世界中どこにいても、もはやインターネットは必要不可欠。特にビジネスシーンでは必須アイテムです。そこで、海外Wi-Fiレンタル。

アジア・欧州で使える携帯電話HTCスマートフォン

海外での携帯電話利用法は多種多様にありますが、アジア・欧州方面へ長期出張される方に最適な携帯電話があります。

アメリカで使える携帯電話hanacell

アメリカでも日本の携帯電話は使用できますが、料金が割高。長期で利用するなら、アメリカの携帯電話を利用するのが便利です。

現在の状況から探す

  • 海外赴任前の方へ
  • 海外駐在中の方へ
  • 日本へ帰国される方へ