• 海外赴任時の車の売却はJCM

お気に入り一覧 お気に入り登録 お気に入り解除

NO3243 東南アジアでの虐殺も否定するか(24)

*写真は新馬華人史料から

生活の党・森裕子氏演説
生活の党森裕子さん演説 3日(火)晴。昨夜は県民会館で「戦争法案廃止」総がかり行動。金子修弁護士の話を聞く。今日は弥彦のもみじ谷の紅葉を愛でに出かける。菊祭と重なって、相当な人出でにぎわっていた。マレーシアには紅葉はないから、出かける前に見ておきたいと思う気持ちもある。

 

 日本軍はシンガポール占領の翌16日、ここを昭南島、シンガポール市を昭南市、ラッフルズホテルを昭南旅館、ラッフルズ博物館を昭南博物館と改称した。道路名も山下通りや日本通りに。早くも日本軍は「解放軍」などではなく、「占領軍」であることを宣言したに等しい。


 市内警備の警備司令部の河村参郎少将の遺書「十三階段を上がる」によれば、17日の夜突然軍司令部に呼ばれ「山下将軍は厳然たる態度で私に対し、こう命令した。『最も速やかに市内の掃討作戦を実施し、これらら敵性華僑を嫡出処断し、軍の作戦に後顧の憂いなきようにせよ。細部は軍参謀長の指示によれ』」そこで、河村は鈴木宗作参謀長を訪ねた

 

の本憲兵とその走狗(インド人とマレー人)
日本憲兵及び走狗 指示の具体的内容は「掃討日時、敵性華僑の範囲、集合(検証地区)、調査要領、処断方法等にわたったが、特に右の結果、敵性と断じたものは、即時厳重処分(死刑のこと)せよ、と指示された。私はさすがに、即時処分の語に対し、驚かざるを得なかった」

 

「私の質問に対し、鈴木参謀長はこれをさえぎり、釈明して曰く『本件はいろいろ議論もあるだろうが、軍司令官において決定せられたもので、本質は掃討作戦(皆殺し)である。命令通りの実行を望む』とのことである。[略]実行するほかなく、またその通り実行したものである」


 河村警備司令官は、その実施方法を第二野戦憲兵隊長の大石正幸大佐に命令した。その大石は戦犯裁判で「河村から『掃討作戦は急を要する。したがって反動分子の処刑は2月21日、22日、23日に行われなければならない』との指示を受けました。河村は「何か支障はあるか」と尋ねました」


憲兵隊本部の看板(下)
憲兵隊本部 「私は答えました。『すでに決定された以上止むを得ませんが、指示された時間はあまりにも短すぎます。もう少し時間を延ばすことはできませんか』『それはできない。とにかくやるしかないのだ』大石の命令を受けたのは各部隊の分隊長である。その一人大西覚。

 

元憲兵少佐、戦犯裁判で終身刑。大西は自著「秘録昭南華僑粛清事件」(金剛出版)に次のように書いている。「2月18日夕刻、分隊長以下集合の命令があった。早速、フォートカニングの憲兵隊本部(スタンフォードロード)に出頭すると、各分隊長も集合し、大石隊長より次のような命令が下された」以上はすべて拙著からの転載であるが、お分かりのように、シンガポール華僑大虐殺事件は山下奏文第25軍司令官の命令によるもので、その実行部隊に至るまではっきりしている点では、南京事件以上と言えるかもしれない。

続きを読む

このブログの最新記事

これで漏れ無し!海外赴任前の準備方法

チャートとチェックリストを使って、
海外赴任前の準備項目を確認しながら情報を収集して準備に備えましょう!

海外赴任準備チェックリストを確認する

書籍版のご案内

海外赴任ガイド 到着から帰国まで

書籍版「海外赴任ガイド」は各種ノウハウや一目で分かりやすい「海外赴任準備チャート」などをコンパクトな一冊にまとめております。海外赴任への不安解消に繋がる道しるべとしてご活用ください。

書籍版の詳細

たいせつにしますプライバシー 10520045