お気に入り一覧 お気に入り登録 お気に入り解除

テークアウト

今日も早朝から散歩に出ていると、本当に空気がきれい。東京と思えないですね。透明度が違います。そして木々が元気に伸びているし、鳥も元気。いまも窓を開けてこれをかいていますが、鳥の声だけが聞こえてきて、まったく郊外にいるようなさわやかな気分です。

さて、今日は英語小話をほんの少し

昨今はこういう事情ですから、お昼時、そして夕方になるとほとんどのお店でテークアウトという文字を見ますよね。

なぜか「お持ち帰りはじめました」と書いている店はすくなく、「テークアウト」なんですね。和食でも 笑。

さて、多くの方が「持ち帰り=テークアウト」という英語を信じているわけですが、これこそ完全な和製英語でして、どこにいっても通じない 笑。

英国では、take away テークアウェイ

米国では to go トゥーゴー

アメリカで take away といったら「はあ?」って感じで間違えないほうがよいと思います。

日本人があたりまえだと思っている take out ジーニアス英和大辞典をひきますと、

「持ち出す」「引き出す」「連れ出す」「取り除く」

などが出てきます。私のイメージでも持ち出すが一番しっくりきます。

たとえば、ごみを出すというとぴったり、 take out the garbage

あとは犬を散歩に連れ出す take the dog out for a walk

家族を食事につれていく take my family out to dinner

てな感じでしょうか。

やっぱり、out の語感として「ある空間から外に出す」 という感じ、away は持ち去る感じなので take とくれば away だろうなと思いますね。

あと、ちょっと難易度高いところでは、たとえば英語学習者への情報として、ローンを借りるときの動詞はtake outを使うことが多いです。コロケーションとして take out a loan。あと、リースも同じですね、リース契約をするというのも take out a lease on an office なんていう感じになります。

まあ間違っても「お持ち帰り」でないことは確かです 笑

ということで、海外旅行、海外出張の時には要注意

テークアウトの巻きでした

おわり。

続きを読む

ブログ紹介

ロンドン生活事情

http://happylondonlife.blog.fc2.com/

ロンドンでの生活、英語との格闘等、リアルに描きます。

このブログの最新記事

これで漏れ無し!海外赴任前の準備方法

チャートとチェックリストを使って、
海外赴任前の準備項目を確認しながら情報を収集して準備に備えましょう!

海外赴任準備チェックリストを確認する

書籍版のご案内

海外赴任ガイド 到着から帰国まで

書籍版「海外赴任ガイド」は各種ノウハウや一目で分かりやすい「海外赴任準備チャート」などをコンパクトな一冊にまとめております。海外赴任への不安解消に繋がる道しるべとしてご活用ください。

書籍版の詳細

プログライターの方

海外赴任ブログを登録する

あなたのブログを登録してみましょう!

プログライターの方

海外赴任ガイドのSNS

Twitter アカウントをみる

たいせつにしますプライバシー 10520045