お気に入り一覧 お気に入り登録 お気に入り解除

スーツ 背広 男の嗜み

さて、背広という単語が、英語のSavile Row、つまりセーヴィル ロウから来ていることは有名な話。

このSavile Rowというのはウエストエンドにある、つまり、ピカデリーサーカスにほど近い、通りの名称です。

そこにはいわゆるスーツの仕立て屋が軒を連ねているのですが、その仕組みというのは1Fがお店で、ここで採寸をして、生地を選んで、、、、お客様対応が行われるスペースです。

そして実に、通りから見える地下を覗いてみると、そこには仕立ての現場となっており、職人さんたちが働いているのです。

この通りのお店というのは、それなりの身分の方々が通うところであり、おじいさんの代から皆型紙を特定のお店に登録していて、ふらっと立ち寄っても、担当の人が「あ、〇〇様、ご機嫌よう、今日はどのようなイメージで?」てな感じになるわけです。

そもそもこのあたりはビスポーク、つまりオーダーメードが基本。ビスポークというのは服でも靴でも使うイギリス用語ですが、これはbe spoken、つまり対話して作るという意味ですので、オーダーメードという意味なのです。

スーツでも既製服が数万円としたら、ビスポークはすなわち0の数が違うということになります。

だってウエストエンドに住んでるのは貴族的なアッパーな方々ですので、そういう生態系が成立しているわけです。

今ではセーヴィルロウの有名な老舗も既製服をうっていますが、本当のLondonerというものは代々その型紙を特定のお店に保管してあり、それを知り尽くした担当者がきちんと対応するというのがプロトコルということになりますか。

ま、京都で着物を作るということ考えれば簡単ですね。

私は常々思いますが、京都とロンドンは酷似しています。

いろんな意味でね。

両方とも大好き!

おわり。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_609.jpg


UNADJUSTEDNONRAW_thumb_60d.jpg


UNADJUSTEDNONRAW_thumb_60c.jpg

続きを読む

ブログ紹介

ロンドン生活事情

http://happylondonlife.blog.fc2.com/

ロンドンでの生活、英語との格闘等、リアルに描きます。

このブログの最新記事

これで漏れ無し!海外赴任前の準備方法

チャートとチェックリストを使って、
海外赴任前の準備項目を確認しながら情報を収集して準備に備えましょう!

海外赴任準備チェックリストを確認する

書籍版のご案内

海外赴任ガイド 到着から帰国まで

書籍版「海外赴任ガイド」は各種ノウハウや一目で分かりやすい「海外赴任準備チャート」などをコンパクトな一冊にまとめております。海外赴任への不安解消に繋がる道しるべとしてご活用ください。

書籍版の詳細

たいせつにしますプライバシー 10520045