お気に入り一覧 お気に入り登録 お気に入り解除

移民の多い国=人種差別も多い国

長い間、海外を転々として気づいたのですが、


世の中、

移民が沢山いる国は、移民に優しい国と思われがちだそうで。。。


私は、全く反対の事を思って、今までいろんな国で暮らしました。

ここ、移民の多い、アメリカに帰ってきて、やっぱり私は正しかったなぁ。

と思っています。


移民の多い国。


私が住んだ、移民の多い国は、

アメリカ、ドイツ、オーストラリアですね。


アメリカは言うまでもなく、根拠のない理由で嫌われます。

根拠のない理由とは、人種。笑

会った事もない、初対面の人に、人種の為に嫌われます。

通常、何らかのリレーションがある人からは、このような人種差別はされません。

全く、面識のない人からは、よくあることです。

これが本当の意味での、人種差別です。あしからず。


どのようなことか、、、


たとえば、

コンサート会場で、バンドのTシャツを並んで購入しようと思いますね。

長い事待って、やっと自分の番が来たとしましょう、

さっきまで販売していた、スパニッシュ・ブラック系のオバサンは、

突然、Tシャツの品出しをはじめて、販売サービスを拒否!

したりするのです。(子供っか!貴様は!w)


とか、


オーストラリアでは、

話者の発音が、わからないので、は?と言うと、

英語をもっと勉強しろ!!!

と電車のチケット販売窓口で言われますし。。。笑

電車1本を、勝手に自分達の都合で、

キャンセルしちゃう鉄道会社の職員にですよ~!


アジアン=中国からの移民。と成り立っているのでしょう。

ってか、

あんたの訛り、わかりにくいがなぁ~。外国人には、、、

私は、ここに移民としている訳ではないのですがねぇ。。。

ってか、

この一言のインソルトに、

この国の移民なんかにゃなるもんか!

って、思いますがねぇ。。。



ドイツ、、、

ましになりましたよ~、昔より。

ドイツくらいかな、嫌な思いしなかったのは。

ドイツ人の医者は、三匹の子豚の狼みたいでしたけどね。笑


ドイツはナチズムの反省があるので、

ドイツ人のほとんどが、人種差別を恥ずかしい事と思っていますからね。

それプラス、ヨーロッパで、そんな事言っていたら大変。

都会は、アメリカ以上に人種の坩堝ですから。


ドイツ人の移民たちと、英語の勉強を一緒に勉強しましたが、

皆さん、生き残るために、ものすごくエネルギッシュです。

少しでも、給料を上げるため、英語の資格を取ろうとし、

夜間コースに通っていました。

もちろん、皆さん、昼間に仕事をしています。

専業主婦は、私だけでした。だいぶ怠け者に見られてたと思います。笑


彼らは、もちろん、母語も話しますし、ドイツ語も話します。

配偶者は、自分の国の人がほとんどでした。

正真正銘の移民家族です。


それプラス、英語を仕事で使うんです。

これくらいのエネルギーがないと、海外では生き残れません。

言語ごときで、ぶちぶち言わんのです。

必要なら、習得せよ!こうやって生きていくのです。


前に書いた、移民の暮らしは甘くない!

と言うのは、こんな事を目撃してきたからです。

住んで、中に入らなきゃ、

また、そこの国の言語がわからなければ、

わからないことは、沢山、沢山ありますよ~!


移民が多いから、移民に有利と言うのはありえません。

逆です、逆。

ベネフィットは公平でも、それをもらうまでに、泣きが入ります。笑


移民は、自分で選んだ国で、エネルギッシュに

上向きで、生きていかなければならないのです。

なので、

日本から逃げてきて、うまく行くかっていうと、

そういう気持ちの人間は、おそらく、おそらく

居心地の悪い国が、「移民が多い国」なんじゃないかと思いますよ。


特に、日本にいて、何不自由ない方々が、

より良い生活を求めて、、、って言うのが、危険です。

そ言う方々は、日本にいたほうが楽だと思いますね。

日本にいたら、別格でも、他の国では

変な現地語を話す、単なる移民ですからね。

現地人は、そう見ますから、、、。

その悔しい思いに、耐える覚悟で移民になる事をおススメします。


男女の差別、、、

これは、オーストラリアはとっても強いですよ!

って言うか、

娘には、オーストラリア男と結婚して欲しくない~!

と思っています。(真面目に)


女性の扱いが、ひどい国だなぁと言うのが、私の感想です。

オーストラリアの離婚劇を観察しての結果、そう思っています。

離婚に対する法律も、ビックリモノですし。。。

自分の国に帰れませんから、離婚しても。。。


きれいなビーチに、楽しいイベント、気さくなキャラ。。。

表向きは、ワンダーランドですが、中に入ってよく見ると

恐ろしくって、逃げ出したくなる感じがするだろうと、思いました。

あんなにいい国でしたが、移民には、絶対になりなくないです。

特に女性にはおススメしません。


私は、偏見を持って言ってるわけではありません。

偏見のある人々に、悲しい目に合わされないように、

気をつけて欲しいと思っています。


まあ、中にはとってもいい人も、もちろん、沢山いますので。。。










続きを読む

このブログの最新記事

これで漏れ無し!海外赴任前の準備方法

チャートとチェックリストを使って、
海外赴任前の準備項目を確認しながら情報を収集して準備に備えましょう!

海外赴任準備チェックリストを確認する

書籍版のご案内

海外赴任ガイド 到着から帰国まで

書籍版「海外赴任ガイド」は各種ノウハウや一目で分かりやすい「海外赴任準備チャート」などをコンパクトな一冊にまとめております。海外赴任への不安解消に繋がる道しるべとしてご活用ください。

書籍版の詳細

たいせつにしますプライバシー 10520045