コラム/インターナショナルスクールの不安解消Q&A


Question

日本人学校育ちや海外滞在期間が短くても可能?

Answer

学年相応の英語力が必要ですので、海外滞在歴が長くインターナショナルスクールや現地校(英語圏)で学んだお子さんが向いています。一方、日本語で学ぶ日本人学校育ちの場合、インターナショナルスクールで英語で学ぶことはなかなか難しいと思います。
 英語圏やインターナショナルスクールで3 年以上学んできたお子さんは、学年にもよりますが、帰国時にインターナショナルスクールの選択も視野に入れたいですね。特に幼児から小学校低学年なら、年齢的にも適応しやすいと思います。 小学校中高学年の場合、学校によっては英語力が足りない場合、ELS(English as a Second Language = 非英語圏の生徒の為の英語指導)を行ってくれる場合もあります。ただし、ELS を履修する場合、別途費用がかかる学校もあります。
 英語と日本語のバイリンガルで育ったお子さん─特に幼児、小学校低学年のお子さんは、帰国後にすぐに英語を忘れる傾向にあります。そのためバイリンガルに育てたい場合は、幼児・低学年の帰国生にとってインターナショナルスクールの選択は有効でしょう。

Question

学費はどれくらいかかる?ものすごく高額なの?

Answer

学校によっても異なりますが、おおよそ入学金が30 万円、年間施設費が50 万円、年間授業料が200 万円前後が目安です。インターナショナルスクールが増加した1990 年代以降は、年間授業料が120 万円前後の新興インターナショナルスクールも増えました。しかし日本の学校ならば、私立でも年間授業料が100 万を超えるところはほとんどないので、やはり高額といえます(一部、奨学金あり)。
 「なぜ、インターナショナルスクールの授業料が高いのか?」。そう質問されることも多いですね。日本の学校(一条校)には自治体などから公的補助金が出ていますが、一条校ではないインターナショナルスクールはほとんど受け取っていません。税金の優遇なども低く、運営費をほぼすべて自分たちでまかなっています。また、世界各国にインターナショナルスクールが多く設立されて、国際バカロレアなどの教員は世界的に高騰し、ベテラン教員の争奪戦が起きています。優秀な外国人教師を確保するためにの人件費なども考えると、今後もインターナショナルスクールの授業料が下がるとは、考えにくいです。

Question

勉強は難しいの? ついていけなかったら?

Answer

インターナショナルスクールの学びは、自分で考える力を育てます。例えば「なぜ、この花は赤いのか?」という課題があるとしたら、花の阿寒色素やDNA、育った土壌、気候などさまざまな切り口で考え、調べ、仮説を立て、検証していきます。このプロセスで、科目を越えた学習が行われます。いわゆる知識を詰め込むだけではないですね。そのため、勉強が難しい生徒には、補修や、学校によっては上級生がチューターとして下級生の勉強をみたりするところ もあります。
 それでも授業についていけない場合、その子のことを考え、進級を認めない場合もあります。生徒一人ひとり違うことを全体としているため、学力もちがうと考えているからです。そのため、留年はあっても、退学などは素行がひどい場合を除いてほとんどありません。また、インターナショナルスクール間の転校も一般的です。そのため、帰国生にとってインターナショナルスクールは、英語で学び続けられる貴重な存在といえます。

Question

卒業後の進路は? 日本の大学にも進める?

Answer

これまでインターナショナルスクールの卒業生は、海外の大学へ進むのが一般的でした。しかし、国際バカロレアを含め、近年では英語で講義を行う日本の大学の学部、学科も増えました。文部科学省は「グローバル30」(国際化拠点整備事業)を採択し、東京大学をはじめ13 大学が英語で学ぶコースを増やしました。この背景には、留学生を増やしたい政府の意向もあり、インターナショナルスクール卒業生も対象となっています。 そのため国際バカロレアのディプロマやSAT®などの点数、内申書と小論文などで合否が決まることが多くなっています。センター試験などを受けず日本のトップ大学へ志願できるため、人気となっています。
 もちろん、多くの生徒が海外の大学へ進学しています。近年では、各スクールの大学フェアに国内外の有名大学がこぞって参加し、インターナショナルスクール卒業生の取り込みをはかっています。その背景には、大学入学後もしっかり学び、卒業後も活躍し続けるインターナショナルスクール卒業生が多くいるからです。


お話を伺った方 村田学氏
インターナショナルスクールや国際的カリキュラムを導入している学校の情報を掲載するWEBサイト『インターナショナルスクールタイムズ』編集長。日本国内のプリスクール、キンダーガーデン、インターナショナルスクールを調査・研究、取材にもとづき中立公正に紹介している。スクール選びのための相談にも対応。


あわせてこのページも見てみませんか?

海外赴任には、様々な手続きや準備が必要となります。そして手続きや準備を進めていくと、様々な問題や疑問が出来ます。そこで、海外赴任に関連する情報でよく見られているページをまとめてみました。

海外で新聞を読む日経電子版

ビジネスシーンに役立つ情報を素早くキャッチ出来るメディア、それが新聞。海外でも日本との情報時差なく読める日本の新聞とは?

海外引越しのトータルサービス日本通運の海外引越

引越の相談、梱包、船便・航空便での輸送や保険、税関手続きなど、海外引越しに関するトータルサービス

楽天市場でお買い物楽天市場

海外赴任前のお買い物は楽天市場で!海外発送代行サービスを利用して配送費をお得に!

Amazonでお買い物Amazon.co.jp

国内でいつも使っているAmazon.co.jpが海外でも使える!? 海外発送可能な商品の見つけ方

購入代行サービスZenMarket

海外で買えない日本の商品を、あなたに代わって購入しお届けする『購入代行サービス』はご存知ですか?

日本のお土産

海外赴任時に持参するおみやげは一体何が喜ばれるのか?相手の年齢、性別だけではなく、宗教や気候までを考えてセレクト

海外で日本のテレビを見るガラポンTV

海外の生活で毎日外国語に囲まれていると、日本のTVが恋しくなります。そこで、海外から日本のテレビを見る最適な方法をチョイス。

海外Wi-FiレンタルイモトのWi-Fi

世界中どこにいても、もはやインターネットは必要不可欠。特にビジネスシーンでは必須アイテムです。そこで、海外Wi-Fiレンタル。

アジア・欧州で使える携帯電話HTCスマートフォン

海外での携帯電話利用法は多種多様にありますが、アジア・欧州方面へ長期出張される方に最適な携帯電話があります。

アメリカで使える携帯電話hanacell

アメリカでも日本の携帯電話は使用できますが、料金が割高。長期で利用するなら、アメリカの携帯電話を利用するのが便利です。

現在の状況から探す

  • 海外赴任前の方へ
  • 海外駐在中の方へ
  • 日本へ帰国される方へ