お金に関する諸手続き



海外送金について

海外送金の方法

海外への送金は、「外国為替公認銀行」または「ゆうちょ銀行および国際送金取扱郵便局」で行います。

外国為替公認銀行の場合

外国への送金ができるのは、「外国為替公認銀行」で、ほとんどの銀行、信用金庫で取り扱っています。

国際送金をするには、送金受取人が送金先の銀行に口座をもっていなくてはなりません。「外国送金」の窓口で受け付けているので、外国送金依頼書に必要事項を記入して申し込みます。

国際送金には「電子送金」と「普通送金」の2種類があります。電子送金は普通送金よりも早く届きますが、送金手数料が高くなります。

送金にかかる手数料は、銀行や送金相手国などによって異なるので、詳しくは各銀行窓口に問い合わせてください。

ゆうちょ銀行の場合

ゆうちょ銀行および国際送金取扱郵便局の貯金窓口で受け付けています。
国際送金には「口座間送金」、「口座あて送金」および「住所あて送金」の3種類があります。送金手数料は、送金金額にかかわらず一件2,500円です。(アメリカの住所あて送金のみ2,000円※別途郵送料が必要)

詳細についてはこおよびゆうちょ銀行Webサイトを参照してください。
※ ホーム > 個人のお客さま > 便利につかう > 海外関連サービス > 国際送金

外貨両替

日本での外貨両替

日本での外貨両替は、銀行の外貨両替コーナーや、ゆうちょ銀行および外貨両替取扱郵便局等で行っています。常備する通貨は店舗により異なる為、事前に確認すると安心です。

為替レート

為替レートは毎日変動するものであることを頭に入れて、空港内での両替は必要最小限にとどめた方がよいでしょう。一度に大金を換金してしまうと、思わぬ損をすることがあるので注意が必要です。両替する時は、必ず為替レートを確認しましょう。

銀行・両替所

各国主要都市にある銀行を利用すれば、円で直接現地通貨と両替できます。日本で口座を作っておけば、現地でキャッシュにすることも可能です。

国によっては銀行でなく、専門の両替所が両替を行うところもあります。その場合は正式な両替所かどうかきちんと確認したうえで必ず両替証明書を受け取りましょう。証明書がないと、出国時に残ったお金を再両替してもらうことができません。小銭は再両替できません。

トラベラーズ・チェック

トラベラーズ・チェック(以下:T/C)は海外渡航時に利用する、海外旅行者向けの小切手のこと。日本では旅行小切手とも呼ばれます。所定の手続を踏めば、紛失・盗難時に再発行できることが最大の特徴で、署名が必要になる為本人しか使用できません。その為多額の現金を持ち歩く必要がなくなり、非常に安全です。銀行やホテル、両替商などで換金します。

1990年代までは海外に金銭を持参する手段として主流でしたが、2000年代のクレジットカードや国際キャッシュカードの普及に伴い、T/C の利用者は減少しています。
2014年3月には日本国内で唯一の発行元であったアメリカン・エクスプレス(アメックス)が日本でのT/C 販売を終了した為、今後日本人のT/C 利用はほどなくなると思われます。
ただ、T/C自体がなくなったわけではないので、日本での換金や海外での利用は引き続き可能です。

国際キャッシュカード

海外に出かける時は、思いもかけないト ラブルが生じることもあるのでT/Cやクレジットカードなど、複数の決済手段を用意したいもの。

中でも、最近その便利さから発行枚数が急速に伸びているのが国際キャッシュカードです。日本国内の口座から、必要に応じ現金を現地通貨で引き出すことができます。主要都市銀行で取り扱っています。

なかにはプリペイド式のものもあり、その場合は利用額を設定することができると同時に、紛失・盗難時の被害も最小限に抑えることができます。赴任時中の海外旅行や海外留学時にも便利です。

仕組み

国際的ATMネットワークを使って運用 され、VISAインターナショナルの「プラス(PLUS)」か、マスターカード・インターナショナルの「シーラス(CIRRUS)」の機構が利用できます。200以上の国・地域で150万台ものCD(現地の現金支払機)やATM(現金自動預け払い機)を設置しています。

引き出し口座は、各銀行によって専用口座だったり普通預金口座だったりと違いますが、引き出した外貨は、最終的に円に換算されて口座から引き落とされます。

換算レートの決まり方

VISAやマスターが独自に決めるレートや電信売相場(TTS)を基準にしています。

銀行の統合が進む中、まだサービスの統合を終えていないところもあるので、換算レートやサービス内容についてはそれぞれの銀行で確かめましょう。

紛失・盗難のときは

各行とも専用の電話があるので、すみやかにカードを停止する旨の連絡をし、必要な手続をします。

海外で代替カードを受け取れるところもあり、その際は銀行が提携している旅行会社(主要都市に設置されているJTBやJCBなど)のトラベルデスクに申し出ることが多いです。

詳細は取引のある銀行に問い合わせましょう。

T/Cとどちらが便利か

引き出しの都度手数料がかかる国際カードに比べるとT/Cのほうが割安になることが多いです。しかし、複数の国・地域を訪れる場合は、複数の通貨のT/Cを持って出かける必要があります。

また、近年はT/Cを換金できる銀行や施設も減ってきているので、利便性を考えるのであれば、国際キャッシュカードをお勧めします。

海外赴任者向けサービス

日本国内の金融機関では、海外赴任者向けのサービスを展開しているところもあります。便利なサービスもあるので、事前に内容を確認しておいて損はありません。ここでいくつか紹介しておきます。

三菱東京UFJ銀行
「グローバルダイレクト」
三井住友銀行
「SMBC ダイレクト・グローバルサービス」

あわせてこのページも見てみませんか?

海外赴任には、様々な手続きや準備が必要となります。そして手続きや準備を進めていくと、様々な問題や疑問が出来ます。そこで、海外赴任に関連する情報でよく見られているページをまとめてみました。

海外で新聞を読む日経電子版

ビジネスシーンに役立つ情報を素早くキャッチ出来るメディア、それが新聞。海外でも日本との情報時差なく読める日本の新聞とは?

海外引越しのトータルサービス日本通運の海外引越

引越の相談、梱包、船便・航空便での輸送や保険、税関手続きなど、海外引越しに関するトータルサービス

楽天市場でお買い物楽天市場

海外赴任前のお買い物は楽天市場で!海外発送代行サービスを利用して配送費をお得に!

Amazonでお買い物Amazon.co.jp

国内でいつも使っているAmazon.co.jpが海外でも使える!? 海外発送可能な商品の見つけ方

購入代行サービスZenMarket

海外で買えない日本の商品を、あなたに代わって購入しお届けする『購入代行サービス』はご存知ですか?

日本のお土産

海外赴任時に持参するおみやげは一体何が喜ばれるのか?相手の年齢、性別だけではなく、宗教や気候までを考えてセレクト

海外で日本のテレビを見るガラポンTV

海外の生活で毎日外国語に囲まれていると、日本のTVが恋しくなります。そこで、海外から日本のテレビを見る最適な方法をチョイス。

海外Wi-FiレンタルイモトのWi-Fi

世界中どこにいても、もはやインターネットは必要不可欠。特にビジネスシーンでは必須アイテムです。そこで、海外Wi-Fiレンタル。

アジア・欧州で使える携帯電話HTCスマートフォン

海外での携帯電話利用法は多種多様にありますが、アジア・欧州方面へ長期出張される方に最適な携帯電話があります。

アメリカで使える携帯電話hanacell

アメリカでも日本の携帯電話は使用できますが、料金が割高。長期で利用するなら、アメリカの携帯電話を利用するのが便利です。

海外駐在中の「銀行・クレジットカード」

日本帰国時の「銀行・クレジットカード」

現在の状況から探す

  • 海外赴任前の方へ
  • 海外駐在中の方へ
  • 日本へ帰国される方へ