クレジットカード



国際クレジットカードを利用する

国際クレジットカードは、赴任地で取得するか、日本で発行されたカードを継続して使用するという2つのパターンが考えられる。

海外でクレジットカードを取得

海外でのクレジットカードの取得は、カード先進国かどうか、また国情によってだいぶ事情が違うことをまず認識しておくべきだろう。カードの取得は、普通は銀行口座の開設が前提となるので、経験のある先輩や友人、勤務先などにあらかじめその国の状況を聞いておくとよい。

日本国内と同様に、一般に銀行口座の開設は先進国以外でも、架空口座の問題、脱税のチェックなどの理由から、一般に手続が面倒になってきている。

アメリカなどの先進国では、ソーシャル・セキュリティー番号、運転免許証などを口座開設にあたり要求されることがあるので、あらかじめどのような書類が必要か、その銀行に聞いて、十分準備をしてから、申し込むべきであろう。

現地でカードが発行されても、最初は利用限度額(=クレジット・ライン)が小さく、支払い状況を見ながら、銀行やカード発行会社は限度額を上げてくる。また、アメリカでは多くの支払いに小切手を使うが、小切手を切る前提として、銀行口座に最低額の残高が求められ、それ以下になると手数料をとられるのが普通である。

海外赴任が5年や10年など長期間になる場合、または、給与支払いが外貨建てで現地の銀行に振り込まれる場合などは、現地でクレジットカードを作った方が良いだろう。日本で発行されたカードの場合、海外での使用分は日本円に換算し請求されるので、手数料が必要となる。それが長期間に渡った場合、負担も大きくなることが予想されるからだ。

日本で発行されたカードを使用する

赴任してすぐに口座を開いてカードを申し込んでも、実際にカードを手にするまで1~2カ月かかることもあるので、当面は日本に口座を残しておいて、そこから引き落としができる、国際ブランドの付いた日本のクレジットカードを1~2枚持っている方がよいだろう。日本で日本円で支払えるカードを維持し、赴任地で現地通貨で支払えるカードを別に持つことは、便利で有利なことが多い。

ただし、日本で発行されているクレジットカードは、一般的に日本国内の金融機関の口座から振り替えられるシステムになっているので、海外で使用する際にはいくつかの注意が必要である。

  • 1. 使用者が海外に住み口座が日本国内にある場合の口座残高の管理
  • 2. カード利用代金(請求)明細書の受け取りと、カード更新時(通常1~2年ごと)における新カードの受け取り方法

最近はインターネットの普及に伴い、ネット・バンキングが国際間でも使用できるようになってきているので、カードや口座の管理にあたっては、そのような仕組みを活用するのも良いだろう。

特に外国語が得意でない人や忙しい人には、ネット・バンキングは、便利で、向いているかもしれない。

便利なサービス

今日では海外赴任者向けに、便利なサービスを展開しているカードも多い。

例えば三井住友VISAカードでは、有料の「海外生活ヘルプデスク」に申し込むと、「ご利用代金明細書」や更新カード、情報誌の海外送付など、海外赴任者向けのサービスを受けることができる。

また、現地通貨決済が可能なクレジットカードも便利で、JCBではアメリカ、香港、タイ、韓国、中国、シンガポール、イギリス、ドイツ、オランダなどで現地決済型カードを発行している。

その他にも、日本航空(JAL)が発行するJAL USA CARDや、全日本航空(ANA)が発行するANA CARDなど、海外赴任時に便利な特典の付くカードも多い。海外旅行保険が自動付帯されるカードも、ユーザーによっては便利だろう。

詳細を各社のホームページ等で確認し、自分に合ったカードを選ぼう。

三井住友VISAカード
http://www.smbc-card.com/
JCBカード
http://www.jcb.co.jp/
JAL USA CARD
http://www.jalusacard.com/jp/
ANA CARD
http://www.ana.co.jp/amc/reference/anacard/
PREMIO CARD
http://www.premio.com/
楽天プレミアムカード
http://www.rakuten-card.co.jp/card/
セゾン・アメリカンエキスプレス・カード
http://www.saisoncard.co.jp/amex/

あわせてこのページも見てみませんか?

海外赴任には、様々な手続きや準備が必要となります。そして手続きや準備を進めていくと、様々な問題や疑問が出来ます。そこで、海外赴任に関連する情報でよく見られているページをまとめてみました。

海外で新聞を読む日経電子版

ビジネスシーンに役立つ情報を素早くキャッチ出来るメディア、それが新聞。海外でも日本との情報時差なく読める日本の新聞とは?

海外引越しのトータルサービス日本通運の海外引越

引越の相談、梱包、船便・航空便での輸送や保険、税関手続きなど、海外引越しに関するトータルサービス

楽天市場でお買い物楽天市場

海外赴任前のお買い物は楽天市場で!海外発送代行サービスを利用して配送費をお得に!

Amazonでお買い物Amazon.co.jp

国内でいつも使っているAmazon.co.jpが海外でも使える!? 海外発送可能な商品の見つけ方

購入代行サービスZenMarket

海外で買えない日本の商品を、あなたに代わって購入しお届けする『購入代行サービス』はご存知ですか?

日本のお土産

海外赴任時に持参するおみやげは一体何が喜ばれるのか?相手の年齢、性別だけではなく、宗教や気候までを考えてセレクト

海外で日本のテレビを見るガラポンTV

海外の生活で毎日外国語に囲まれていると、日本のTVが恋しくなります。そこで、海外から日本のテレビを見る最適な方法をチョイス。

海外Wi-FiレンタルイモトのWi-Fi

世界中どこにいても、もはやインターネットは必要不可欠。特にビジネスシーンでは必須アイテムです。そこで、海外Wi-Fiレンタル。

アジア・欧州で使える携帯電話HTCスマートフォン

海外での携帯電話利用法は多種多様にありますが、アジア・欧州方面へ長期出張される方に最適な携帯電話があります。

アメリカで使える携帯電話hanacell

アメリカでも日本の携帯電話は使用できますが、料金が割高。長期で利用するなら、アメリカの携帯電話を利用するのが便利です。

海外駐在中の「銀行・クレジットカード」

日本帰国時の「銀行・クレジットカード」

現在の状況から探す

  • 海外赴任前の方へ
  • 海外駐在中の方へ
  • 日本へ帰国される方へ