海外現地校に上手に適応するコツを学ぼう!



海外の現地校への転校。これは子どもにとって最大のチャレンジです。言葉、文化、人種、学習など様々な要素での適応を余儀なくされ、不安や困難が長く続く場合も多くあります。
特に最初の1年は、言語と学習でかなり苦労をする可能性があるので、親も一緒になって英語習得する姿勢を持ちましょう。できれば学校のボランティア活動に積極的に参加して先生に顔を覚えてもらい、すぐ先生や校長と話ができる環境を作っておくと理想的です。
現地校は、そういった意味で非常に開かれていますので、それをうまく利用することをお勧めします。さて、家庭での心構えとしては、次のことが挙げられます。

高橋 純子(たかはし じゅんこ)
NY在住。KOMET現地教育コンサルティング代表
著書に「アメリカ駐在これで安心子どもの教育ナビ」(時事通信社、2008)など。


学習の優先順位を明確に決めておく

英語習得、現地校の学習、日本語、日本の科目学習など、あれもこれも完璧にと考えず、優先順位を決めて、何をどの程度におさえるか方針を定めましょう。

親が見本となる

親が積極的に英語を学び、友人を作り、現地に溶け込む努力を見せている家庭は、子どもも自然と適応が早いようです。

他の子と比べない

英語習得の速さや成績などは、子どもの能力や性格の違い、現地文化への向き・不向きにもよります。「あの子は2年以内にESLを抜けたのにうちの子はなぜ?」などと比較するべきではありません。

言語習得を焦らない

言語習得はかなりの時間がかかるもので、忍耐強く待つことが大事です。実際日常の会話でほとんど困らなくなるまでに、約3年はかかると言われています。

宿題より、学習理解に重点を置く

日本人家庭は実際に本人が学ぶことより、宿題をこなすことや成績ばかり重視する傾向にあります。親が宿題を手伝ったりせず、担任、ESLの先生、家庭の3者で話し合い、本人のレベルにあったものを工夫して出してもらえると良いでしょう。

子どもの精神状態を常に注意して見る

異言語・異文化環境での様々な苦痛、不適応の可能性を予期し、あらかじめ対処の仕方も考えておきます。最終的には、子どもの心身の健康のほうが、英語習得よりはるかに重要であることを忘れないこと。


あわせてこのページも見てみませんか?

海外赴任には、様々な手続きや準備が必要となります。そして手続きや準備を進めていくと、様々な問題や疑問が出来ます。そこで、海外赴任に関連する情報でよく見られているページをまとめてみました。

海外で新聞を読む日経電子版

ビジネスシーンに役立つ情報を素早くキャッチ出来るメディア、それが新聞。海外でも日本との情報時差なく読める日本の新聞とは?

海外引越しのトータルサービス日本通運の海外引越

引越の相談、梱包、船便・航空便での輸送や保険、税関手続きなど、海外引越しに関するトータルサービス

楽天市場でお買い物楽天市場

海外赴任前のお買い物は楽天市場で!海外発送代行サービスを利用して配送費をお得に!

Amazonでお買い物Amazon.co.jp

国内でいつも使っているAmazon.co.jpが海外でも使える!? 海外発送可能な商品の見つけ方

購入代行サービスZenMarket

海外で買えない日本の商品を、あなたに代わって購入しお届けする『購入代行サービス』はご存知ですか?

日本のお土産

海外赴任時に持参するおみやげは一体何が喜ばれるのか?相手の年齢、性別だけではなく、宗教や気候までを考えてセレクト

海外で日本のテレビを見るガラポンTV

海外の生活で毎日外国語に囲まれていると、日本のTVが恋しくなります。そこで、海外から日本のテレビを見る最適な方法をチョイス。

海外Wi-FiレンタルイモトのWi-Fi

世界中どこにいても、もはやインターネットは必要不可欠。特にビジネスシーンでは必須アイテムです。そこで、海外Wi-Fiレンタル。

アジア・欧州で使える携帯電話HTCスマートフォン

海外での携帯電話利用法は多種多様にありますが、アジア・欧州方面へ長期出張される方に最適な携帯電話があります。

アメリカで使える携帯電話hanacell

アメリカでも日本の携帯電話は使用できますが、料金が割高。長期で利用するなら、アメリカの携帯電話を利用するのが便利です。

現在の状況から探す

  • 海外赴任前の方へ
  • 海外駐在中の方へ
  • 日本へ帰国される方へ