引越荷物の保険・トランクルーム



引越荷物保険へ加入しよう

運送中の万一の損傷や紛失に備えて、引越荷物には必ず保険をかけておく。日本の運送業者はほとんど損害保険会社と代理店契約を
結んでいるので、詳しくは専門業者に相談するとよい。

この保険では、引越荷物を運送業者に渡した時点から、到着後の指定した場所に配達されるまでの間に生じた損害が補償される。一定金額以上の荷物は、保険申請用紙に各目の金額を記入する。保険金額は、万一事故が発生した場合代替品を購入する場合の価格を目安にする。
貨紙幣・有価証券、生動物は対象とはならないので注意。また、宝石類・貴金属類についても別途携行することが望ましい。

引越荷物が配送された後、損傷等の異状が見つかった場合は、すぐに運送業者に連絡し事実関係を確認してもらい、保険会社への連絡など、必要な手続をとってもらう。損傷があった場合は、念の為自分でも写真を撮っておくようにする。

なお、携帯荷物の場合は、海外旅行保険によって補償される。対象はあくまで荷物に限定され、現金や有価証券等は対象とならない。

支払われる保険金

家具や電気製品など修理可能なものは修理実費を、修理不可能あるいは紛失した場合は、当該荷物の保険金額を基準に保険金が支払われる。

トランクルーム

日本に置いていく引越荷物は、専門業者のトランクルームを利用すると安心である。

一定の温度と湿度で、大型の家具やピアノ、また毛皮、洋服・和服などの衣料品、さらに書画、骨董品などの荷物が傷まないように配慮されている。実家への配送等もなくなるので、残された家族の負担が減ることもメリットとなる。

荷物を預ける際は、衣類などはクリーニングして防虫剤なども入れておく。電気製品は電池をはずし、ほこりを取るなど掃除をしてきれいにしておこう。ガスや石油類などの危険物のほか貴金属や有価証券などは一般には引き受けていない。

また、出し入れできる時期が帰任後のみ、などの制限がある業者もあるので、トランクルームを利用する際はその辺りの部分も確認しておくこと。


あわせてこのページも見てみませんか?

海外赴任には、様々な手続きや準備が必要となります。そして手続きや準備を進めていくと、様々な問題や疑問が出来ます。そこで、海外赴任に関連する情報でよく見られているページをまとめてみました。

海外で新聞を読む日経電子版

ビジネスシーンに役立つ情報を素早くキャッチ出来るメディア、それが新聞。海外でも日本との情報時差なく読める日本の新聞とは?

海外引越しのトータルサービス日本通運の海外引越

引越の相談、梱包、船便・航空便での輸送や保険、税関手続きなど、海外引越しに関するトータルサービス

楽天市場でお買い物楽天市場

海外赴任前のお買い物は楽天市場で!海外発送代行サービスを利用して配送費をお得に!

Amazonでお買い物Amazon.co.jp

国内でいつも使っているAmazon.co.jpが海外でも使える!? 海外発送可能な商品の見つけ方

購入代行サービスZenMarket

海外で買えない日本の商品を、あなたに代わって購入しお届けする『購入代行サービス』はご存知ですか?

日本のお土産

海外赴任時に持参するおみやげは一体何が喜ばれるのか?相手の年齢、性別だけではなく、宗教や気候までを考えてセレクト

海外で日本のテレビを見るガラポンTV

海外の生活で毎日外国語に囲まれていると、日本のTVが恋しくなります。そこで、海外から日本のテレビを見る最適な方法をチョイス。

海外Wi-FiレンタルイモトのWi-Fi

世界中どこにいても、もはやインターネットは必要不可欠。特にビジネスシーンでは必須アイテムです。そこで、海外Wi-Fiレンタル。

アジア・欧州で使える携帯電話HTCスマートフォン

海外での携帯電話利用法は多種多様にありますが、アジア・欧州方面へ長期出張される方に最適な携帯電話があります。

アメリカで使える携帯電話hanacell

アメリカでも日本の携帯電話は使用できますが、料金が割高。長期で利用するなら、アメリカの携帯電話を利用するのが便利です。

現在の状況から探す

  • 海外赴任前の方へ
  • 海外駐在中の方へ
  • 日本へ帰国される方へ