お気に入り一覧 お気に入り登録 お気に入り解除

【コロナ】新出英単語、どういう意味?

こんにちは。
オークランドは急に肌寒くなり、
体調を崩す人が一気に出てきました

さて、先週「コロナウイルス関連英語」について書いたばかりですが、
先週末に、NZ政府がさらなる方針を打ち出したことにより、
急に新出で耳慣れない英単語が、しょっちゅう会話の中に出てくるように
なりました。ニュースを理解するために、ぜひ覚えてくださいね。
======================================================
【Social-distancing】
これは、一語で簡単に訳せるものではないんですが、
「集団での集まりを避ける」
「人との距離を取る」
という意味合いがあります。

この方針により、コンサートはもちろん、
ファーマーズマーケットや大人数の習い事などもキャンセルに。

また、握手、ハグ、マオリの鼻とおでこをお互い合わせるHongiも
「手を振る、おじぎする、エルボーを合わせて挨拶する(笑)」
に変更するように、提案されています。
hongi


【Flatten the curve】
「カーブをフラットにする」
flatten the curve

言葉だけ聞くと「??」という単語ですが、
「コロナウイルス感染はもうしょうがない。それよりも、急増して医療崩壊を
招くことを避けるために、長期戦になるとしても緩やかな増加率で抑えられるように
意識しよう」という意味の言葉です。表を見ていただくとわかりやすいですね。

【Precautionary】
「予防の」という意味で、現時点ではまだNZ国内での感染は数的には多くないものの、
予防の観点から中止・延期を判断されるケースが多く、この言葉がよく登場するように
なりました。

【Postpone】
Cancelledなのか、Postponedなのか、イベント主催者は今大きく判断を迫られています。
Postponeは、「延期する」という意味でuntilの前置詞とセットで使われます。
Postponed until Novemberと言われたら、「11月まで延期です」ということです。

======================================================

ニュージーランドは今が「ウイルスの流行が大爆発するかどうか」の正念場。
政府が、外国からの入国者全てに14日間の自主隔離を要請し、
それに従わないものは罰則や強制隔離、強制送還などの処置が取られることに。
これによりビジネスに大きな損害を受ける人が多いことも踏まえ、それに対する
巨大経済支援のプランも発表されました。

日々変化していく状況に対応するためにも、重要な英単語は理解できるように、
体調管理とともに準備しておきたいですね。
social distancing

続きを読む

ブログ紹介

「ピリ辛留学」カリスマ講師Dr.Kのブログ

http://blog.livedoor.jp/ta_ka_ko0715/?blog_id=1435989

ちょっと厳しい「留学サポート会社」<ピリ辛留学>のスタッフが【英語】や【留学生活】【NZの魅力】についてつづる、面白くて役立つブログ☆ピリッと辛くてやめられない!バイリンガルを目指して☆オークランド語学留学のススメ

このブログの最新記事

これで漏れ無し!海外赴任前の準備方法

チャートとチェックリストを使って、
海外赴任前の準備項目を確認しながら情報を収集して準備に備えましょう!

海外赴任準備チェックリストを確認する

書籍版のご案内

海外赴任ガイド 到着から帰国まで

書籍版「海外赴任ガイド」は各種ノウハウや一目で分かりやすい「海外赴任準備チャート」などをコンパクトな一冊にまとめております。海外赴任への不安解消に繋がる道しるべとしてご活用ください。

書籍版の詳細

プログライターの方

海外赴任ブログを登録する

あなたのブログを登録してみましょう!

プログライターの方

海外赴任ガイドのSNS

Twitter アカウントをみる

たいせつにしますプライバシー 10520045