お気に入り一覧 お気に入り登録 お気に入り解除

第2弾:海外のマレーシアでの生卵について考察。生食の習慣無し。サルモネラ菌は卵の管理の問題に尽きる。

 にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ        

        

  

先日は、ローカル友人と、ローカル地域で、ローカル風に、らしく、半熟卵

を皆で、恐れず、美味しく食べたというお話を書いた。普通に美味しかった。

そこでローカルに質問をした。

 

山のふもとでのモーニング。半熟ボイルだって普通の調理・・外の空気に

触れ、田舎カンポンの茶室で食べるから、面白かったし美味しかったのかな。

(先日の生卵、半熟卵の記事は、ここを参照、 近日3回目を書きます)

 

下は、ずずっと個人的見解です。

**マレーシア人は、生卵は食べないの?

・・絶対に食べない。半熟は食べる。半熟でも、白身の部分に火があまり

入ってないで、生っぽかったら、作り直してもらうそうだ。コレって、よく

街で放置している卵を見るけど、半熟でも同じで、ヤバいんじゃないの?

・・ヤバくないらしい。ちゃんと日付管理があり、それ過ぎる前に卸し業者

に返品するそうだ。信憑性は、分からないけどな。

 

・・そもそも、「生食」の前提は日本だけ。海外では、元々生卵を食べると

いう習慣がない。ただ、アメリカでもマレーシアでも、スーパーやモールの

冷蔵庫に特別に入っているものは、限定で、大体が生食出来る。

 

**日本はどうして賞味期限が少ないの?洗ってるの?

・・サルモネラ菌対策なのか、日本人の綺麗好き、その潔癖症のゆえなのか、

殻の汚れや糞などを洗っちゃう。鶏の殻には元々、保護膜が付いており、

外からのばい菌などから保護する役目がある。でも日本人は、見た目と、

生食の習慣から、殻はキレイじゃないとダメ。なので洗浄剥離させてしまう。

 

・・ゆえに、日持ちがしない。冷蔵庫入りを余儀なくされる。賞味期限設定

があり、約3週間くらいとなる。スキヤキの時、生卵を割る時、殻にフンが

付いていたら・・いやだもんねぇ~。

つまり、フンの付いた卵を割って食べる環境と経験が元々あまり無かった。

 

海外ではどうなの?

・・アメリカではコールドチェーンシステムってのがあって、オイルの

コーティングもあり、冷蔵管理もあり、約1カ月は、もつらしい。店に出る

まで1カ月以内。その後、末端が食すまで1ヵ月。計2ヵ月はOKという話も

聞いた。ここで流通と管理が問われるよね。元から絶たなきゃ‥って言葉

あるけど、日本の考え方からして「サルモネラワクチン」ってのがあって

アメリカ同様、養鶏場の元の鶏に打っているとも聞きますが。

 

・・またほかの国では、生んでそのままで、末端まで流通するのが普通。

健康な卵なら常温でも1カ月は持つらしい。これは殻を洗わない場合。海外

の卵そのものが危ないんじゃなく、流通と管理の問題がクリアーしていれば

大丈夫?かな・・という観測。

 

**マレーシアではどうでしょうか?・(上の文章も下も、ずっと個人的見解です)

・・マレーシアのローカルの人に言われました。日本人はマレーシアの

スーパーで卵を買ったら、日本人的形式的考え方で、フンが付いているし、

汚れているから、パックから出して洗って冷蔵庫にしまうけど、アレって

危ないよ・・だって。

 

あの殻にフンがなぜついているのか、何故汚れているのか?は、洗わない

から逆にサルモネラ菌から守られているのよ・・という主婦のご意見だった。

え~ッそうだったんだ。どうしてもフンがいやならティッシュなどで拭く

だけにしなさい・・だと。え~ッそうだったんだ。・・ふ~ん、ふんふん。

 

・・菌は最初から中身に存在する場合もあるでしょうが、通常は殻から侵入

して、黄身までも早く達します。大きくは殻が問題です。ローカルオバサン

が言うのは、殻は洗ってはダメよ。抵抗力を失くしてしまうんだ・・だと。

・・・え~ッそうだったんだ。・・ふむふむ。

 

卵の殻の表面には、呼吸するための小さな穴があり、その穴は自然の力で

コーティングされていて、洗っちゃうと、水などから菌が浸透する可能性が

強いらしい。内部での浸食は早いと聞く。

 

お~、今までのこのワタクシの思いは崩れました。どのくらいこのブログを

読んでくれている方、分かりませんが日頃ありがとうございます。少なくても

ワタクシは卵の殻を洗う事に関して、目からウロコ殻からコロコロ、意味不明。

 

これは同じコンドのローカル友人が、セパンの知り合い農場から直接もらって

きた卵だった。すげぇ~フンですな。こんなフンだらけの卵を見て、内心では

フンガイしていた。・・せっかく、いただいたのに。

・・けど、今思うと、ばい菌からの自然力のコーティングがあったんですねぇ。

 

( 当時、これは洗っちゃいました。見た目、激しいから今でも洗っちゃうかも)

 

よくオーガニックだとか、地鶏、放し飼い、新鮮卵だとか色々言われますが、

要は「産んだ卵が口に入るまでの”流通”と”管理”」に焦点を当てるべきかなと。

 サルモネラ菌の感染経路は様々で、新鮮だからいいとは限らないし放し飼い鶏

の方が、いろいろな危険因子のそばにいるわけで”絶対は無い”という事ですね。

 そして、いわゆる ”新鮮であることに越したことはない”ですよね!

 

第3弾でマレーシアで「生卵かけご飯」を平気で食べているという記事書きます。

 

 有難うございます励みになってますお手数ですけどポチクリを嬉しいです。

   にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ    

参考までに:他の方々の面白ブログ拝見はこの下からも。動画紹介専門ブログも。

          

***********************************

 

続きを読む

ブログ紹介

マレーシア発見・再発見、快傑ハリマオに会いに来た

http://blog.goo.ne.jp/mamirei007/

シニアシチズン、マレーシア移住を試み、何とか慣れたけど、四苦八苦、七転五起き二挫折かな。それでも前向きセカンドホーマー。マレーシア情報・クアラルンプール情報・日頃の生活探訪徒然草。

このブログの最新記事

これで漏れ無し!海外赴任前の準備方法

チャートとチェックリストを使って、
海外赴任前の準備項目を確認しながら情報を収集して準備に備えましょう!

海外赴任準備チェックリストを確認する

書籍版のご案内

海外赴任ガイド 到着から帰国まで

書籍版「海外赴任ガイド」は各種ノウハウや一目で分かりやすい「海外赴任準備チャート」などをコンパクトな一冊にまとめております。海外赴任への不安解消に繋がる道しるべとしてご活用ください。

書籍版の詳細

たいせつにしますプライバシー 10520045