荷作りの仕方



 

荷造りの注意点

海外への引越荷物をつくる時は、次の3点に留意する必要がある。

  • まず1つ目に、必ず通関手続を経なければならないのでどの箱に何が、いくつぐらい入っているかの内容明細、つまりパッキングリストを作成することである。
  • 2つ目に、港(空港)での積み卸しや、長期間の輸送に耐えられる梱包にすること。
  • 3つ目に、料金が航空便は実重量(または容積重量)によって、船便はほとんどの場合容積によって決まる

という3点である。

荷造りは、専門の引越業者に全て任せることもできるが、業者任せにすると、どこに何が入っているか、完全には把握できなくなる恐れがある。いずれにしろパッキングリストは自分たちで作成しなければならないので、家具や大型の電気製品以外は自分で荷造りしたほうがよい。

パッキングリストの用紙は各引越業者が用意していることが多いので確認しよう。

参考:パッキングリスト(梱包明細書)
日本通運>日本から海外へのお引越

荷造りの要領

(1) ダンボールの用意

同じサイズのものをそろえる。船荷の場合、ダンボール箱をまとめて木枠を組み梱包するが、ダンボール箱のサイズが違うと、木枠内にムダな空間ができてしまう。引越業者に連絡をすれば、ダンボール箱を届けてくれる。
ダンボールを注文する時、一緒にエアークッション(箱詰めの食品などに入っている、丸いポチポチが一面についたビニール)も1ロールたのんでおく。

(2) 荷造りに必要な品

ガムテープ・セロテープ・包装紙・ビニール袋・フェルトペン・ボールペン・ノート・はさみ・カッター

(3)荷造りの順序

1. ダンボール箱に通し番号を書く
ダンボールに1・2・3…と番号をつけ、用意したノートにも1ページずつ1・2・3…と番号をつけてどのダンボールには何をどのくらい入れたか、をメモしておく。
2. 荷物を分類する
衣類、食料品、食器、調理器具、台所用品、電気製品、書籍、子ども用品、寝具、その他などと大まかに分類する。荷造りの時は、なるべく同じ種類のものは同じ箱に詰めたほうがわかりやすいし、パッキングリストも作成しやすい。
3. こわれ物をパッキングする
陶器、ガラス器などこわれ物はエアークッションでしっかり包む。購入時の専用ケースがあれば利用する。ただし、引越先の国によってはケースが真新しいと、新品とみなされ、課税されることがあるので注意する。こわれ物以外でパッキングの必要があるものは、 新聞紙などで包んでおこう。
4. ダンボールに詰め、メモを残しておく
何を、どのくらい詰めたか、用意したノートにメモをしておくと、後でパッキングリストを作る際に役立つ。
荷造りの手順

荷造りのコツ

衣類、寝具以外を詰める時は、底にクッション材を敷き、すき間を作らないように気をつける。クッション材、パッキング材以外に下着やタオル、衣服などを利用するとムダを出さずにすむ。
たとえば、クッション材としてはセーターやスウェットシャツ、タオルを、すき間を埋めるにはTシャツや下着が役立つ。ビニール袋に入れて使えば、汚れる心配もない。

荷造りの際の注意

(1)新品を別送する場合は包装、値札、タッグなどは取り外しておく。
 また新品ばかりまとめて入れないようにする。
(2)衣料品を詰める際は、防虫剤を入れておくとよいだろう。
 ただし異なる種類の防虫剤を一緒にしておくと化学反応を起こすので注意する。

海外いろはイチオシのサービス「日本通運の海外引越」!

海外引越業界のパイオニアとして全世界42カ国、260都市(2016年3月31日現在)に拠点を持つ日通の海外引越は、お引越の相談から、梱包、船便・航空便での輸送や保険、税関手続きはもちろん、国内に残されるお荷物をお預かりするトランクルーム保管や国内引越まで、海外引越に関するあらゆるご要望にお応えします。

お申込み・購入したい方は日本通運の海外引越に申し込む

もっと詳しく知りしたい方は日本通運の海外引越の詳細を確認する


あわせてこのページも見てみませんか?

海外赴任には、様々な手続きや準備が必要となります。そして手続きや準備を進めていくと、様々な問題や疑問が出来ます。そこで、海外赴任に関連する情報でよく見られているページをまとめてみました。

海外で新聞を読む日経電子版

ビジネスシーンに役立つ情報を素早くキャッチ出来るメディア、それが新聞。海外でも日本との情報時差なく読める日本の新聞とは?

海外引越しのトータルサービス日本通運の海外引越

引越の相談、梱包、船便・航空便での輸送や保険、税関手続きなど、海外引越しに関するトータルサービス

楽天市場でお買い物楽天市場

海外赴任前のお買い物は楽天市場で!海外発送代行サービスを利用して配送費をお得に!

Amazonでお買い物Amazon.co.jp

国内でいつも使っているAmazon.co.jpが海外でも使える!? 海外発送可能な商品の見つけ方

購入代行サービスZenMarket

海外で買えない日本の商品を、あなたに代わって購入しお届けする『購入代行サービス』はご存知ですか?

日本のお土産

海外赴任時に持参するおみやげは一体何が喜ばれるのか?相手の年齢、性別だけではなく、宗教や気候までを考えてセレクト

海外で日本のテレビを見るガラポンTV

海外の生活で毎日外国語に囲まれていると、日本のTVが恋しくなります。そこで、海外から日本のテレビを見る最適な方法をチョイス。

海外Wi-FiレンタルイモトのWi-Fi

世界中どこにいても、もはやインターネットは必要不可欠。特にビジネスシーンでは必須アイテムです。そこで、海外Wi-Fiレンタル。

アジア・欧州で使える携帯電話HTCスマートフォン

海外での携帯電話利用法は多種多様にありますが、アジア・欧州方面へ長期出張される方に最適な携帯電話があります。

アメリカで使える携帯電話hanacell

アメリカでも日本の携帯電話は使用できますが、料金が割高。長期で利用するなら、アメリカの携帯電話を利用するのが便利です。

現在の状況から探す

  • 海外赴任前の方へ
  • 海外駐在中の方へ
  • 日本へ帰国される方へ