リタイヤメントビザ



◎退職者ビザ・リタイアメントビザ・リタイヤメントビザ情報/コンテンツ提供:アエルワールド

リタイヤメントビザとは?

リタイヤメントビザはオーストラリアを始め、東南アジア、南米、ヨーロッパ等の一部の国で発給されているビザで、主にリタイア後の余暇を楽しむことを目的に発給されている。就労を目的としたビザではないため、就労を認めていない発給国や、中には就労条件を制限している国がある。呼称はビザ発給国により異なる。オーストラリアは「投資退職者ビザ」、マレーシアは「マレーシア・マイ・セカンドホーム」等と呼ばれている。

早期リタイアメントライフとは?

日本では一般的な60歳のリタイアを待たずに早期リタイアをして海外へ移る人も多い。
ただのんびりと暮らすというだけではなく、例えば、大学院に入り学びなおす、海外企業に就職するなど、自由に生活が出来るという点が魅力だ。オーストラリア・カナダ・ニュージーランド・マレーシア・アメリカ・シンガポールなど早期リタイアをしたい方に向いている国は様々あるが、目的や嗜好にあった国を選ぶことが重要だ。

<早期リタイアメントライフの目的例>

  • 親子または家族留学
      (リタイアメントライフを楽しむための準備としてまず語学の勉強をするというケースも多い)
  • 子供の教育のために
  • 悠々自適に暮らしたい
  • 海外企業に就職したい
  • 海外で趣味の店をオープンしたい  etc.

<ビザ取得後の滞在年数に決まりがない>

  • シンガポール
  • ニュージーランド
  • マレーシア
      ※完全移住ではなく、日本と海外を行き来したい方に適しているといえる。

上記国々の詳細情報は以下をご参照ください。
各国の詳細情報リンク
オーストラリア
永住権・海外移住サポート
オーストラリア永住権と永住ビザ、長期滞在情報サイト
カナダ
永住権・海外移住サポート
カナダ永住権と永住ビザとカナダ移住情報サイト
シンガポール
永住権・海外移住サポート
シンガポール永住権と永住ビザ、長期滞在情報サイト
親子留学・正規高校留学サポート オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、ハワイを中心とした 親子留学情報サイト

リタイアメントライフを実現できるビザ情報

申請条件は「年齢」、「保有資産」、「不労収入」、「健康状態」が重視されることが多く、申請時に求められる条件はビザ発給国によって異なる。比較的 ヨーロッパやオセアニア(オーストラリア)諸国の条件は厳しい。リタイア後のロングステイ先として人気が高いオーストラリアの申請条件は以下の通りである。

オーストラリア投資退職者ビザ

当ビザは滞在期間が短い観光ビザ(概ね3ヶ月程度)と比較し、長期間の滞在が可能となる。そのため、旅行者用の滞在施設ではなく、現地の方が利用するマンションや家を賃貸できる可能性が高まるため、低コストかつ自由度の高いロングステイが可能となる。

<オーストラリア投資退職者ビザの主な申請条件>
以下1~5を満たしていること
申請者は55歳以上であり、且つ配偶者以外の扶養義務がある家族を有しないこと
州・準州政府のスポンサーを取得すること
週20時間以上の労働に従事する意志がないこと
オーストラリアの民間医療保険に加入すること
公益に反する経歴が無く、健康であること
<資産・収入条件>
大都市・高人口成長都市に居住する場合
【資産・債券投資】共に75万AUD (約6,000万円)以上
【不労所得】年収6.5万AUD (約520万円)
地方・低人口成長都市に居住する場合
【資産・債券投資】共に50万AUD(約4,000万円)以上
【不労所得】年収5万AUD(約400万円)以上
※1AUD=80YENで試算
  • その他の詳細な「投資退職者ビザ情報」はこちらへ
  • 可能性を診断する無料査定はこちらへ

オーストラリアで出来る55歳未満の方のリタイアライフ

早期リタイアをしたいと考えている方で、一定のキャリア及び資産をお持ちのお客様に最適なビザである。

<早期リタイア(永住権)の条件について>
早期リタイアの条件は、自身のキャリア、資産、年令によって大きく異なる。渡豪後の就労は可能だが、少なくとも悠々自適な早期リタイア生活を実現するためには最低限、労働することなく生活を維持していくだけの資産が必要となるであろう。
資産条件 112.5万AUD(約9,000万円)以上の資産を有すること
年齢条件 55歳未満であること
投資条件 75万AUD(約6,000万円)以上、州政府が指定する債券に投資できること
経歴   一定の成功した経歴を有すること
※1AUD=80YENで試算

期間限定のお手軽ロングステイ

アルバイトをしながらロングステイができる方法で、 適度に学校に通えるので英語に不安のある方も安心だ。学校では英語の勉強だけでなくアルバイトを探す方法のアドバイスももらえる。
申請条件もほぼなく、費用を抑えて出来るだけ長く滞在したい方にぴったりのプランだ。

<滞在例>

渡豪後 休暇<2週間> → 学校<5週間> → 休暇<8週間> → 学校<5週間> → 休暇<8週間>・・・

※期間はご希望に合わせて調整可能。最大116週間(約2年)程度の滞在が可能。学校と休暇を繰り返すことによって長期滞在が可能になる。

ニュージーランド一時居住退職者ビザ

2年間の滞在が可能となる一時滞在ビザ。2年後もNZ当局が定める条件を満たしていれば、更新申請が可能。

<申請条件>
主申請者は66歳以上であること
125万NZD(約7,500万円)以上の資産を有すること
75万NZD(約4,500万円)を規定にそって2年間投資すること
公益に反する経歴が無く、健康であること
滞在中は一定の保険に加入すること

規定の投資例

  • NZの債券(政府及び地方機関発行か上場しているもの等)
  • NZの一般及び上場企業株式への投資(上場・非上場問わず)

マレーシア・マイ・セカンドホーム

マレーシア・マイ・セカンド・ホーム・プログラムは、マレーシア政府によって推進され、一定の 基準を充たす世界中のすべての国の人たちに「数次入国社交訪問パス(multiple-entry social visit pass)」を発給して出来るだけ長くマレーシアに滞在可能にしようとするものである。Social Visit Passは初回から最長10年の期間のもので(申請者の旅券の有効期間に左右される)、延長可能である。

<申請条件>
下記のいずれひとつの条件を満たすことが必要(RM=マレーシアリンギ)
Ⅰ 50歳以上の方は以下いずれかの条件を満たす必要あり
  ①35万RM(約875万円)以上の資産を有していること
②マレーシアの金融機関に15万RM(約375万円)以上の金融機関の残高証明
(預金1年後に、自宅の購入・教育・医療目的に限定し、当局の許可後に5万RM(約125万円)の出金が可能)
③マレーシア国外に月収1万RM(約25万円)以上の収入証明
Ⅱ 50歳以上の方は以下いずれかの条件を満たす必要あり
①50万RM(約1,250万円)以上の資産を有していること
②マレーシアの金融機関に30万RM(約750万円)以上の金融機関の残高証明
(預金の1年後に自宅購入・教育・医療目的に限定し、当局の許可後に15万RM(約375万円)の出金が可能)
③マレーシア国外に月収1万RM(約25万円)以上の収入証明
※1RM=25YENで試算
<その他の必要条件>
医療保険への加入 マレーシア国内で利用可能な医療保険への加入義務がある。
保険への加入はマレーシア国内の認可保険会社を通して行われる。
教育(子供) 7歳以上の子供がいる場合は学生ビザを取得し、就学しなければならない。
7歳未満の就学については「Social Visit Visa」のみ必要。
納税 株式所得に対しては課税対象。マレーシア国民と同様に納税義務がある。
※日本より送金される年金については、申請により非課税とすることができる。

カナダでも出来るリタイアライフ

退職者ビザを持たないカナダでも早期リタイアなら可能性がある。

投資家ビザ(永住権)

事業家や企業の管理職としての経歴・資産・資質を有する方が対象となる。

<主な申請条件>

①申請時の過去5年間に2年以上の間、5名以上の部下を持つ企業・政府機関の管理職もしくは、以下4条件中2条件以上を満たす事業経験を有していること

  • 2人以上の正社員雇用
  • 50万CAD(約4,000万円)以上の年商
  • 5万CAD(約400万円)以上の当期純利益
  • 12.5万CAD(約1,000万円)以上の期末純資産
②160万CAD(約12,800万円)以上の個人純資産を保有していること
③学歴や年齢等で加点されるポイント査定にて35点以上を取得できること

<投資条件>

80万CAD(約6,400万円)を州政府に無利子投資する、または20万CAD(約1,600万円)程度を支払えること
※1CAD=80YENで試算

起業家ビザ(永住権)

対象は一定のビジネス経験があり、個人純資産を有する方が対象となる。 30万CAD以上保有している方で、ビザ取得後3年以内にカナダにて事業を始め、一定額以上の投資を実現することが申請時の条件となる。

<キャリア例>

申請時の過去 5 年間に2年以上の間、以下4条件中2条件以上を満たす事業経験を有していること

  • 2人以上の正社員雇用
  • 50万CAD(約4,000万円)以上の年商
  • 5万CAD(約400万円)以上の当期純利益
  • 12.5万CAD(約1,000万円)以上の期末純資産
※1CAD=80YENで試算

<起業プラン>

以下を満たす起業プランを有すること

  • 3分の1以上の出資比率を有すること
  • 1人以上の従業員を雇用すること(カナダ市民か永住者に限る)
  • カナダに貢献する事業内容であること

シンガポールで早期リタイアライフの実現

ビジネス環境に恵まれ、治安の良さや生活環境が整ったシンガポールは、ビジネスだけでなく、家族で長期滞在する国としても、非常に人気が高い国の一つである。
永住権を取得して夢の早期リタイアライフの実現へ。

シンガポールの退職者ビザ

当初5年の滞在が可能となるビザで、同条件での更新も可能。

※1SGD=60YENで試算
<申請条件>
45歳以上であること
50万SGD(約3,000万円)以上に相当する不動産を所有していること
健康状態が良いこと
シンガポールでの医療保険に加入していること
上記に加えて、以下3条件のいずれかを満たしていること
  • 貯蓄として最低でも40万SGD(約2,400万円)に相当する金融商品をシンガポールに蓄えていること
  • シンガポールでの収入が最低でも月7,000SGD(約42万円)あるという証拠を示せること
  • 貯蓄と5年に相当する収入の合計が最低でも40万SGD(約2,400万円)であること

シンガポール投資家プログラム:Global Invester Sheme

<申請条件>

以下の投資条件を選択し、実行できる方
最低250万SGD(約15,000万円)で政府承認のシンガポールにベースをおくベンチャーキャピタルファンドに投資できること。

※1SGD=60YENで試算
<申請者の資格要件>
売上げが過去1年間で最低3,000万SGD(約18億円)、過去3年間で年平均最低3,000万SGD(約18億円)
起業家としてのバックグラウンド
適格なビジネスプランないしは投資プランを有し、実行できること
当局が認めがたい事業への投資を行わないこと

シンガポール資産家プログラム:Financial Investor Scheme

<申請条件>

以下2種よりいずれかの条件を満たす方

<申請条件>
Ⅰ 最低2,000万SGD(約12億円)以上の資産を有すること
Ⅱ 最低1,000万SGD(約6億円)以上の資産をシンガポールに移転し、適格金融機関にて運用すること
※1SGD=60YENで試算

なお、各国の移民法は頻繁に変更されるため、ビザ申請に当たっては、当該移民局にて申請条件を確認することや、アエルワールド等のビザサポート会社にて相談されることをお勧めする。


あわせてこのページも見てみませんか?

海外赴任には、様々な手続きや準備が必要となります。そして手続きや準備を進めていくと、様々な問題や疑問が出来ます。そこで、海外赴任に関連する情報でよく見られているページをまとめてみました。

海外で新聞を読む日経電子版

ビジネスシーンに役立つ情報を素早くキャッチ出来るメディア、それが新聞。海外でも日本との情報時差なく読める日本の新聞とは?

海外引越しのトータルサービス日本通運の海外引越

引越の相談、梱包、船便・航空便での輸送や保険、税関手続きなど、海外引越しに関するトータルサービス

楽天市場でお買い物楽天市場

海外赴任前のお買い物は楽天市場で!海外発送代行サービスを利用して配送費をお得に!

Amazonでお買い物Amazon.co.jp

国内でいつも使っているAmazon.co.jpが海外でも使える!? 海外発送可能な商品の見つけ方

購入代行サービスZenMarket

海外で買えない日本の商品を、あなたに代わって購入しお届けする『購入代行サービス』はご存知ですか?

日本のお土産

海外赴任時に持参するおみやげは一体何が喜ばれるのか?相手の年齢、性別だけではなく、宗教や気候までを考えてセレクト

海外で日本のテレビを見るガラポンTV

海外の生活で毎日外国語に囲まれていると、日本のTVが恋しくなります。そこで、海外から日本のテレビを見る最適な方法をチョイス。

海外Wi-FiレンタルイモトのWi-Fi

世界中どこにいても、もはやインターネットは必要不可欠。特にビジネスシーンでは必須アイテムです。そこで、海外Wi-Fiレンタル。

アジア・欧州で使える携帯電話HTCスマートフォン

海外での携帯電話利用法は多種多様にありますが、アジア・欧州方面へ長期出張される方に最適な携帯電話があります。

アメリカで使える携帯電話hanacell

アメリカでも日本の携帯電話は使用できますが、料金が割高。長期で利用するなら、アメリカの携帯電話を利用するのが便利です。

現在の状況から探す

  • 海外赴任前の方へ
  • 海外駐在中の方へ
  • 日本へ帰国される方へ