海外帰国生 中学入試編



帰国枠入試の資格・条件

帰国枠で出願・受験する場合には、資格・条件が必要になる。その資格・条件は、海外(継続)滞在年数、現地校・国際校または日本人学校の在籍年数や帰国後の期間制限などが各中学校によって細かく決められている。

海外(継続)滞在年数は2年以上、帰国後の制限は1年以内という条件が多くの学校で定められているが、その年数・制限は、各中学校により異なるので、詳細は各中学校の入試要項で確認する。

資格・条件に合わない場合には、帰国枠での受験は基本的にできないが、資格・条件が近い場合には、個別で相談に応じてくれる場合もあるので、各中学校に直接お問い合わせること。

帰国生の受け入れ校

国立大学附属中学校

国立大学附属中学では、帰国生徒に対する教育的配慮に基づく指導とそのための実践的研究を行う目的で帰国子女教育学級を設置している。

教科学習においてかなりの遅れや欠落がある生徒等を対象に、学習の回復と学校生活への対応を目的に普通学級とは異なるカリキュラムを用いる学校や普通学級への混合受入方式で個々の生徒の状況に応じた指導を行う学校もある。

帰国子女教育学級を設置している中学校
お茶の水女子大学附属
愛知教育大学附属名古屋
京都教育大学附属桃山
普通学級への混合受入方式の中学校
埼玉大学教育学部附属
千葉大学教育学部附属
東京学芸大学附属国際中等教育
横浜国立大学教育人間科学部附属鎌倉
横浜国立大学教育人間科学部附属横浜
大阪教育大学附属池田
神戸大学附属中等教育学校住吉校舎

公立中学校

公立中学では、所定の手続きをとれば随時地域の公立中学の年齢相当学年に転入学可能。

基本的には教育委員会が指定する「学区制」が実施されているが、近年では「学校選択制」を実施している地域が増え、公立でも学校を選ぶことが可能になってきる。

私立中学校

受け入れについて別枠の定員を設ける、入試科目数の削減や入試科目に英語を課すなど、特別な配慮のもとに入試を行っている学校がある。

入試および編入学は、十分な事前準備が必要な試験が課されるので、各中学校の入試科目を含む受け入れ方法を調べ、準備が必要になる

入試日程

東京都や神奈川県の中学一般入試の解禁日は、2月1日ですが、帰国枠入試は年内の11月下旬から開始される。2月1日以前に入試を行っている中学校は、海外・帰国生独自の入試を一般入試と切り離して実施している。東京都・神奈川県で11月から1月に帰国枠入試を実施しているおもな中学校を挙げておく。

※「 作文」 は日本語作文・小論文、「英作」はEssay・Story Writing などを表しています。
※ ★印の学校は、入試科目が選択できる学校です。

東京都
男子校 海城 学習院中等科 攻玉社
芝浦工業大学 聖学院 高輪
東京都市大学付属 明法 立教池袋
女子校 跡見学園 江戸川女子 大妻
大妻中野(1回) 学習院女子中等科 神田女学園
北豊島 共立女子 京華女子
佼成学園女子 実践女子学園 頌栄女子学院(12月)
女子聖学院 白梅学園清修 白百合学園
聖心女子学院 星美学園 東京女学館
桐朋女子(1月) トキワ松学園(1回) 富士見丘
文化学園大学杉並 文京学院大学女子(1回) 三輪田学園
武蔵野女子学院 目黒星美学園 山脇学園
立教女学院 和洋九段女子  
共学校 かえつ有明 啓明学園 桜丘
実践学園 渋谷教育学園渋谷 淑徳
順天(1回) 城西大学附属城西 聖徳学園
成蹊 東京成徳大学 広尾学園
宝仙学園理数インター 武蔵野東 明星
明星学園 目白研心  
別学校 國學院大學久我山 自由学園  
神奈川県
男子校 逗子開成 聖光学院 桐蔭学園中等教育
藤嶺学園藤沢 武相(1回)  
女子校 北鎌倉女子学園 湘南白百合学園 洗足学園
捜真女学校 聖園女学院 緑ヶ丘女子
横浜英和女学院 横浜女学院 横浜富士見丘学園中等教育
共学校 アレセイア湘南(1回)
関東学院A 自修館中等教育
相洋 森村学園 横浜翠陵
別学校 桐蔭学園 桐光学園  

帰国生入試選抜方法

私立中学の一般入試の科目は、国語・算数・社会・理科の4教科、国語・算数の2教科となる。

帰国生入試では、一般入試と同様の4教科や2教科、一般入試とは異なる4教科や2教科(作文を含む場合もあり)、2教科に英語を加えた3教科、英語のみの1教科など、帰国生入試の入試科目は多種多様です。

以下は、首都圏主要中学校の2013年度入試における入試科目の一覧です。なお、2014年度入試より入試科目を変更する場合もありますので、各学校の入試要項で確認しておいてください。

首都圏主要中学校入試科目
国語・算数・社会・理科 埼玉県 浦和ルーテル学院★ 開智 埼玉栄★ 埼玉平成
千葉県 市川★ 志学館★ 芝浦工業大学柏 専修大学松戸
東邦大学付属東邦 麗澤★    
東京都 郁文館★ 頴明館★ 桜美林★ 鷗友学園女子
海城★ 暁星 香蘭女学校★ 品川女子学院
十文字 昭和女子大学附属昭和★ 女子美術大学附属★ 巣鴨
青稜★ 玉川学園 玉川聖学院★ 帝京★
多摩大学目黒★ 帝京八王子★ 富士見 桐朋女子★
豊島岡女子学園 獨協 日本大学豊山女子
文教大学付属★
法政大学 明治大学付属明治 立正★ 早稲田
早稲田実業 早稲田高等学院    
神奈川県 鎌倉学園★ 函嶺白百合学園★ 慶應義塾湘南藤沢★ 聖セシリア女子★
山手学院★ 横浜雙葉★    
国語・算数 埼玉県 浦和ルーテル学院★ 埼玉栄★ 栄東 城西川越
昌平★ 獨協埼玉 立教新座  
千葉県 暁星国際★ 志学館★ 秀明八千代 千葉国際
二松学舎大学附属柏 麗澤★    
東京都 郁文館★ 江戸川女子★ 桜美林★ 大妻
大妻中野★ かえつ有明★ 北豊島★ 京華
京華女子 恵泉女学園 啓明学園★ 攻玉社★
佼成学園女子★ 香蘭女学校★ 國學院大學久我山★ 実践学園
実践女子学園★ 芝浦工業大学 淑徳 淑徳巣鴨
城西大学附属城西★ 女子聖学院 昭和女子大学附属昭和★ 女子美術大学附属★
聖徳学園★ 聖学院★ 成城学園 青稜★
高輪★ 桐朋女子★ 玉川聖学院★ 帝京★
帝京八王子★ 田園調布学園 東京女学館★ 東京成徳大学★
トキワ松学園 文化学園大学杉並★ 文京学院大学女子★ 文教大学付属★
宝仙学園理数インター★ 武蔵野 武蔵野女子学院 武蔵野東★
明星 明法 目白研心★ 立正★
和洋九段女子      
神奈川県 横浜国立大学教育人間科学部附属鎌倉 神奈川学園 神奈川大学附属 鎌倉学園★
カリタス女子 湘南白百合学園★ 逗子開成 聖光学院★
聖セシリア女子★ 捜真女学校 桐蔭学園中等教育★ 桐蔭学園★
桐光学園★ 日本女子大学附属 聖園女学園 森村学園
横浜英和女学院 横浜翠陵★    
国語・算数・作文 埼玉県 埼玉大学教育学部附属      
東京都 跡見学園 学習院中等科 学習院女子中等科★ 共立女子
渋谷教育学園渋谷★ 聖心女子学院★ 東京都市大学附属★ 普連土学園★
立教池袋 立教女学院    
神奈川県 横浜国立大学教育人間科学部附属横浜 山手学院★ 横浜女学院★ 横浜雙葉★
国語・算数、英語(英作・外国語作含む) 千葉県 市川★      
東京都 頴明館★ 江戸川女子★ 学習院女子中等科★ 北豊島★
渋谷教育学園渋谷★ 順天★ 聖心女子学院★ 高輪★
普連土学園★ 山脇学園    
神奈川県 鎌倉女学院 慶應義塾湘南藤沢★ 自修館中等教育 湘南白百合学園★
洗足学園★ 桐蔭学園★ 桐蔭学園中等教育★ 横浜翠陵★
国語・算数・英語・作文 東京都 啓明学園★ 成蹊    
神奈川県 横浜女学院★      
国語・英語 東京都 実践女子学園★ 聖徳学園★ 帝京★ 文化学園大学杉並★
文京学院大学女子★ 目白研心★    
神奈川県 桐光学園★      
算数・英語 東京都 國學院大學久我山★ 城西大学附属城西★ 聖徳学園★ 聖学院★
帝京★ 東京女学館★ 東京成徳大学★ 宝仙学園理数インター★
武蔵野東★      
神奈川県 聖光学院★ 桐光学園★    
算数・英語・作文 東京都 順天★ 東京都市大学附属★ 広尾学園  
算数・英語・総合 東京都 海城★      
算数・総合 東京都 海城★      
算数・作文 東京都 桜丘★ 白梅学園清修★ 明星学園 三輪田学園
神奈川県 北鎌倉女子学園 清泉女学院    
英語(英作含む) 埼玉県 昌平★      
千葉県 暁星国際★ 渋谷教育学園幕張    
東京都 東京都立立川国際中等教育★ 大妻中野★ 攻玉社★ 頌栄女子学院
聖学院★ 桐朋女子★ 目黒星美学園 文京学院大学女子★
神奈川県 公文国際学園★ 洗足学園★    
英語(英作含む)・作文 東京都 東京学芸大学附属国際中等教育A かえつ有明★ 共立女子第二 桜丘★
富士見丘      
作文 千葉県 千葉大学教育学部附属      
東京 東京都立立川国際中等教育★      

受験アドバイス

学校選びのポイント

環境も言葉も異なる海外生活が長い帰国生にとって、日本に慣れるというハードルを越えなければならないため、特に学校選びには細心の注意を払う必要がある。その主なポイントとなることをいくつか挙げておく。

学校情報を集める

(1)学校の資料を手に入れる。
まず、通学可能圏内にある学校を調べるには、各出版社が出している受験情報誌を参考にする。
所在地やアクセス方法、設置クラスやコース、教育方針などの概略はこれでつかめるが、この情報だけでは他校との違いが詳細な部分までは分からない。
その学校が作成した案内書や校内の情報誌などを入手すると詳細なカリキュラムや生徒および卒業生からの生の声が聞こえてくる。
(2)学校説明会に参加する。
各学校では、生徒やその保護者のための学校説明会や入試説明会を開いている。
そのほとんどは国内一般生が対象だが、説明会後に個別相談などがあるので、積極的に参加して情報を収集するようにする。説明会の実施スケジュールは、ホームページなどで告知しているので確認すること。
受験校を決定する上で、一時帰国などを利用して、本人を連れて学校訪問をするのはとても大切なので、説明会の参加が不可能な場合は、入試前に早めに帰国をして、願書を提出する際に一度訪問するのも一つの方法である。
小6年次は何かと都合がつかないケースもあるので、小学5 年次から学校訪問等のスケジュールを立てておくと余裕を持った学校選択が可能。
近年では、東南アジアや欧米の大都市では、中学校の先生が現地に赴き、入試説明会を実施するケースが増えているので、その機会も積極的に利用する。

情報を分析・検討する

学校情報が入手できたら、その情報を家庭の教育方針や子どもの性格などを考慮に入れて吟味していく。

(1)校風を検討する。
パンフレット内容、電話の応対、来校者への対応、校舎の外観、生徒の雰囲気など、いろいろなところに校風は現れる。(一つの情報源だけではなかなか判断は困難なため、前述の情報を入手する際は、手間暇はかかるが、各方面から十分に情報収集を行う)
最も大切なことは、生徒や保護者自身が直に見聞きし、肌で感じ取ることである。
(2)教育方針を検討する。
公立の中学校は、文部科学省の指導に従い(各都道府県で若干差があるが)ほぼ同一の教育が行われている(中高一貫校を除く)。
一方、私立の学校は、各学校独自の教育方針のもと、個性ある教育を行っている。学校の教育方針はその学校の具体的行事やカリキュラムに反映される。
特に、学習以外の奉仕活動や芸術活動などを通して人間教育面の活動に力を入れている学校もある。
今までの学校選びのポイントは、学習指導のウエイトが大半だったが、学習以外のプラスアルファにも注意を払う必
要がある。
(3)教育課程を検討する。
進学校を選ぶ際にはその学校の進学状況を確かめることは学校選びの大事なポイントの一つである。
また、教育課程(カリキュラム)をじっくり他の学校と比較することも重要なことといえるだろう。これは多くの場合、学校の発行する要項や案内書に掲載されている。前述したようにその学校の教育方針は、具体的に年間行事、教科時間数、単位表などに表れているので注意して案内等を検討するようにしよう。
また、大学附属の学校を選ぶ場合には、系列大学に希望の学部があるかどうかの確認も重要である。
(4)教育環境や教育施設を検討する。
教育環境の一つとして、学校の立地条件がある。教育方針や進学実績が充実していても、帰国生には、最寄駅から学校周辺の環境が合わなければ、学校に通うこと自体が苦痛を伴うことがある。単なる通学時間だけではなく、最寄駅から学校までの通学ルートの環境も確認しておきたい項目である。
伝統校の古い校舎には風情にも似た味があるが、近年の新築校舎は、冷暖房は勿論のこと、ハイテク機器やセキュリティ設備が充実しているところがますます増えている。
その他、図書館をはじめとした教育施設やスポーツ施設などの面で、目を見張る充実した設備を備えている学校もある。帰国生にとっては、学習面以外の、芸術やスポーツ活動の継続という点からも、学校選びの要素としておさえておきたい項目となる。
ただし、校舎を新築した学校は、入学金や授業料において増額や施設費の徴収など費用もそれなりにアップしているので、そういった点の確認も必要だろう。

学力・適性を分析・検討する

前述した項目は、父母がイニシアティブをとって客観的な分析が可能だが、子どもの学力・適性の分析は、なかなか客観的に行えないことが多い。

過大な期待もさることながら、過小評価も子どもたちの学習意欲を損なう原因なることがあるので厄介である。やはり、その子どもの学力・適性を把握している専門家のアドバイスをもとにしながら、親子で対話を重ねていくことが望ましいと言えるであろう。

有名難関国私立大学の高合格率を掲げ、それらの大学の入試科目を中心とした授業カリキュラムを組んでいるような中・高6カ年一貫教育の学校では、帰国子女選考を経て入学した帰国生に対して補講を組み、ていねいに指導している学校もあるが、日本の教科学習に慣れていない帰国生は、その補講ですら苦しむケースも少なくない。
内部進学テストの結果、学力不足を理由に併設高校や大学の進学を断念しなければならないケースもある。

したがって、外国での経験や習得した外国語などを大切に考えてくれる学校を選ぶのか、進度の速いカリキュラムを組んだ学校を選ぶのかは、今後の進路にも多大な影響を与えるので、子どもの経歴を踏まえた学力や適性の見極めは、非常に重要なポイントとなる。

学校選びのワンポイント

学校選びは、ややもすると選ぶ順序を間違えてしまいがちである。帰国枠のある学校を第一優先事項にした学校選びはあま
りお勧めできない。

まずは家庭の教育方針や本人の性格・適性に合わせて、本当に行きたい、行かせたいと思える学校を選ぶことである。帰国枠があるかどうかは、その次の確認項目にしておくべきであろう。

入学するまでは、どうしても「入りやすさ」が最重要項目に思えるが、もっとも肝心なのは「入学してから」の6年間、あるいは大学を含めた10年間の学校生活であることに間違いはない。

面接試験のポイント

入試において、一般の国内生には課さなくても、帰国生には面接試験を実施するという学校はかなりある。生徒本人だけではなく、保護者にも課す場合もあり、合否における重要性もかなり高くなる。

ここでは、面接試験の主なチェック・ポイントをいくつか挙げておく。

<身だしなみ>
外見で人を判断するのはよいことではないが、外見がその人の第一印象を決める重要ポイントであることも事実である。日本の文化、習慣=常識として、公の場に出る際の服装や頭髪などについては、その場にふさわしい身だしなみを心がけよう。それが相手に対する敬意を示すことにもなる。
<面接官はここを確認する・・・生徒>
学力検査や調査書では測れない受験生の人格や性格、意欲などをみる。
事前に提出した調査書の書類などにある疑問点を解消する。
受験生の入学する意志を直接確認する。
受験生が校風になじめるか、校則を守れるかなどを確認する。
<面接官はここを確認する・・・保護者>
家庭環境や親子関係から、受験生の人格や性格への影響をみる。
保護者の校風や教育方針の理解度から、受験生の学校に対する適合性をみる。
保護者同伴の面接において保護者が気をつけるべきポイントとしていくつかあるが、最も気をつけるべき点は、面接官が受験生に対して質問したことに、助け舟のつもりで横から答えてしまわないようにするという点である。
また、基本的に、保護者も返答は簡潔にするとともに、家庭円満で受験生が明るくのびのびと成長している印象を与えることが第一である。

面接対策とは…?

面接は苦手という生徒は多いようである。また、面接練習ということで、予想される質問に対しての答えをあらかじめ暗記をしてくる生徒も見られるが、一般的にこれはあまり良い対策とは言えない。

面接官は毎年、何十人、何百人と生徒面接を経験している先生である。質問に対する答えを聞けば、それが暗記してきたものかどうかはすぐにわかる。そういう時、面接官は、本当の生徒の姿を知るために、志望動機や海外生活とは関係のない、まったく予想もしていないようなことを質問したりする。

大事なのは、答えを用意して暗記することではなく、これまでの海外生活での豊かな経験や体験を踏まえて自分なりの考えや意見をしっかり言えるようにしておくことである。そのためには、これまでの海外での生活を親子で振り返るような機会を設けてしっかり確認することをお勧めする。

また、残された海外生活をさらに前向きに、そして充実させていくことがとても大事である。


こちらの記事はJOBAより資料提供・編集協力をいただきました。


あわせてこのページも見てみませんか?

海外赴任には、様々な手続きや準備が必要となります。そして手続きや準備を進めていくと、様々な問題や疑問が出来ます。そこで、海外赴任に関連する情報でよく見られているページをまとめてみました。

海外で新聞を読む日経電子版

ビジネスシーンに役立つ情報を素早くキャッチ出来るメディア、それが新聞。海外でも日本との情報時差なく読める日本の新聞とは?

海外引越しのトータルサービス日本通運の海外引越

引越の相談、梱包、船便・航空便での輸送や保険、税関手続きなど、海外引越しに関するトータルサービス

楽天市場でお買い物楽天市場

海外赴任前のお買い物は楽天市場で!海外発送代行サービスを利用して配送費をお得に!

Amazonでお買い物Amazon.co.jp

国内でいつも使っているAmazon.co.jpが海外でも使える!? 海外発送可能な商品の見つけ方

購入代行サービスZenMarket

海外で買えない日本の商品を、あなたに代わって購入しお届けする『購入代行サービス』はご存知ですか?

日本のお土産

海外赴任時に持参するおみやげは一体何が喜ばれるのか?相手の年齢、性別だけではなく、宗教や気候までを考えてセレクト

海外で日本のテレビを見るガラポンTV

海外の生活で毎日外国語に囲まれていると、日本のTVが恋しくなります。そこで、海外から日本のテレビを見る最適な方法をチョイス。

海外Wi-FiレンタルイモトのWi-Fi

世界中どこにいても、もはやインターネットは必要不可欠。特にビジネスシーンでは必須アイテムです。そこで、海外Wi-Fiレンタル。

アジア・欧州で使える携帯電話HTCスマートフォン

海外での携帯電話利用法は多種多様にありますが、アジア・欧州方面へ長期出張される方に最適な携帯電話があります。

アメリカで使える携帯電話hanacell

アメリカでも日本の携帯電話は使用できますが、料金が割高。長期で利用するなら、アメリカの携帯電話を利用するのが便利です。

現在の状況から探す

  • 海外赴任前の方へ
  • 海外駐在中の方へ
  • 日本へ帰国される方へ