お気に入り一覧 お気に入り登録 お気に入り解除

【海外赴任準備】海外で「電子マネー」を紛失したらどうする?

カテゴリ アメリカ

こんにちは。海外赴任家庭のためのお金の専門家、張替愛です。

 

約1年以上前に私が海外から日本に本帰国したとき、スイカやパスモなどをはじめとした「電子マネー」の普及が進んでいることに驚いた記憶があります。

 

しかし、海外赴任で長い間海外にいることとなった場合、電子マネーを所有していることがリスクにもなります。

 

そこで今日は、海外に赴任する際の電子マネーの注意点をお伝えします。

 

日本の電子マネーの種類

昨今、現金やクレジットカードの代わりに、さまざまな種類の電子マネーが登場しています。

 

<電子マネーの種類>

・Edy
・WAON
・nanaco
・Suica
・PASMO
・iD
・Quick Pay など

 

ほかにも、ここには挙げきれないほどの種類があります。

なかでも、交通系icカードであるSuicaやPASMOは、使っている方が多いのではないでしょうか。

 

海外では日本の電子マネーは使えるの?

電子マネーを使うためには、お店側がその電子マネーの支払いに対応している必要があります。

 

そのため、日本で使っている電子マネーのほとんどは、海外では使えません。

 

海外赴任によって、電子マネーが使えなくなることを考慮して、海外赴任先では別の決済方法を使うことを検討しましょう。

 

どのようなお金の支払い方が主流となっているのかは、国によって異なります。

 

例えば、日本では8割が現金による買い物となっていますが、韓国では反対に、8割が現金以外による買い物となっています。(経済産業省 平成30年4月「キャッシュレス・ビジョン」より)

 

その国に住むなら、その国のやり方にならうのが一番です。

日本ほど現金が好きな国はあまりないので、海外ではクレジットカートやデビットカードの利用を検討することになるでしょう。

 

 

海外でも大丈夫?電子マネーを紛失した時の手続きは?

もし電子マネーを紛失してしまったときには、すぐに停止の手続きを行いたいものです。

 

EdyやSUICA、PSUMOといったな前払い式の電子マネーには、不正利用の被害を補償する仕組みはありません。

基本的には、入金されていた残高を使われてしまったら、取り戻すことはできません。

 

しかし、すぐに紛失手続きを行うことができれば、残っていた残高を再発行したカードに移すことができます。

使い込まれる前に紛失手続きを行うのが大切なのです。

 

クレジットカードと電子マネーが一体となっていることも多いですが、紛失した際は、クレジットカード会社だけでなく、電子マネーの会社にも停止と再発行の手続きを行う必要があります。

 

ただ、この「再発行手続き」が、海外赴任者にとっては”くせ者”となるのです。

なぜなら、PASMOやSUICAの停止手続きは、駅の窓口などに出向かなくてはできないのです。

確認のためPASMOに問い合わせてみましたが、海外から停止手続きをすることはできませんとのことでした。

 

海外からでも利用を停止できる電子マネーはありますが、海外からでは簡単には利用停止ができない電子マネーがあることを覚えておいてください。

 

オートチャージ機能に注意!

特に、自動で入金されるオートチャージ機能を使っている方は注意が必要です。

紛失して誰かに使い込まれた場合、オートチャージだと金額が高額になってしまう可能性があるからです。

 

例えば、こちらの記事では、携帯電話を落とし、楽天Edyを290万円不正利用されてしまったケースについて取り上げられています。

 

◆出典:NIKKEI STYLE

「スマホを紛失 電子マネー、思わぬ多額な不正利用も」

 

海外で電子マネーを紛失した場合は、オートチャージできる機会が設置されていないので、使い込まれてしまう可能性は低いです。

 

しかし、「もしも拾ったのが日本人だったら、帰国して使い込まれる可能性があるのでは?」「盗難されたPASMOが、犯罪組織に流れて悪用されるのでは?」など、心配のタネは残ります。

 

少なくとも、オートチャージ機能をつけたままの電子マネーをもって海外赴任をするのは避けた方が良いと言えるでしょう。

 

交通系電子マネーとクレジットカードが一体型となったものを使っている方は、特に注意が必要です。

クレジットカードと一体型のものは、オートチャージ機能だけを解約することはできないので、カード自体を一度解約する必要があります。

 

そのうえで、必要であれば、クレジットカードはクレジットカードで、交通系電子マネーは交通系電子マネーで、それぞれ持つようにしておくと良いでしょう。

 

海外赴任の前は「電子マネー」の整理を

海外でも使われることを想定したクレジットカードと違って、電子マネーは日本でしか使えないものが多いです。

そのため、海外でのトラブルへは対応が手薄であるとも言えます。

 

何気なく持っている電子マネーですが、電子マネーも立派な「お金」です。

紛失した際に、使い込まれてしまうリスクがあることは認識しておきましょう。

 

そして、海外赴任が決まったら、電子マネーの手続き先を確認しておきましょう。

海外からの手続きができないものは、持たないようにしておくと安心です。

 

また、電子マネーの持ちすぎは、日本で紛失した場合にもリスクになります。

使っていない電子マネーがあったら、この機会に解約して整理しておくと良いでしょう。

投稿 【海外赴任準備】海外で「電子マネー」を紛失したらどうする?転勤族と女性のための家計相談所 に最初に表示されました。

続きを読む

ブログ紹介

転勤族と女性のための家計相談所

https://manesera.com/

夫の海外赴任でアメリカ在住経験のあるファイナンシャルプランナーのブログです。海外赴任の話を中心に、国内転勤のこと、家計管理や転勤族の妻のお仕事に関するお役立ち情報を書いています。

カテゴリ アメリカ

このブログの最新記事

これで漏れ無し!海外赴任前の準備方法

チャートとチェックリストを使って、
海外赴任前の準備項目を確認しながら情報を収集して準備に備えましょう!

海外赴任準備チェックリストを確認する

書籍版のご案内

海外赴任ガイド 到着から帰国まで

書籍版「海外赴任ガイド」は各種ノウハウや一目で分かりやすい「海外赴任準備チャート」などをコンパクトな一冊にまとめております。海外赴任への不安解消に繋がる道しるべとしてご活用ください。

書籍版の詳細

たいせつにしますプライバシー 10520045