海外に持っていきたい市販薬


海外で販売されている市販薬は、その効果が強すぎて日本人には向かない場合も多い。
急な腹痛や頭痛などに備え、普段服用している市販薬があれば日本から持参するようにしよう。

海外に持っていくと便利な市販薬

No 薬の種類 症状
No.1

総合感冒薬

風邪全般

No.2

鎮痛剤

頭痛などの痛み止め

No.3

胃腸薬

食べすぎ・胃もたれ

No.4

整腸薬

消化不良 便秘や軟便

No.5

下痢止め

軽い下痢

No.6

酔い止め

乗り物酔い

No.7

ビタミン剤

疲労回復

No.8

目薬

目の乾き、洗浄

No.9

うがい薬

のどの炎症

No.10

外傷薬

きり傷や軽いやけど

No.11

虫さされ

かゆみ止め

No.12

消炎・パップ

筋肉痛、筋肉疲労など

海外に持っていくと便利な医療品

No 薬の種類
No.1

リップクリーム

No.2

除菌用のエタノール入りのウェットティッシュ

No.3

滅菌ガーゼ

No.4

サージカルテープ

No.5

使い捨てカイロ

No.6

バンドエイド

No.7

綿棒

No.8

マスク

No.9

プラスチック手袋

No.10

ピンセット

No.11

日焼け止め

No.12

イオン飲料やスポーツドリンク など

※ 薬の持参、服用については医師・薬剤師とご相談下さい。
※ 海外から帰国後の体調不良には、思わぬ感染症が潜んでいる可能性があります。早めに医療機関を受診しましょう。受診の際は旅行日程(行き先、滞在日数、滞在目的、滞在先、何をしたかなど)をできるだけ詳しく医師へ伝えましょう。
※ 市販のかぜ薬は解熱剤や咳止めを含んでおり、他の薬と併用できない場合があります。
※ 下痢止めは、感染性腸炎の病原体を体内に停滞させてしまうこともあります。下痢に対する抗生物質の使用については、かかりつけ医、トラベルクリニックにご相談下さい。

(監修:医療法人社団佳有会 品川イーストクリニック)


あわせてこのページも見てみませんか?

海外赴任には、様々な手続きや準備が必要となります。そして手続きや準備を進めていくと、様々な問題や疑問が出来ます。そこで、海外赴任に関連する情報でよく見られているページをまとめてみました。

海外で新聞を読む日経電子版

ビジネスシーンに役立つ情報を素早くキャッチ出来るメディア、それが新聞。海外でも日本との情報時差なく読める日本の新聞とは?

海外引越しのトータルサービス日本通運の海外引越

引越の相談、梱包、船便・航空便での輸送や保険、税関手続きなど、海外引越しに関するトータルサービス

楽天市場でお買い物楽天市場

海外赴任前のお買い物は楽天市場で!海外発送代行サービスを利用して配送費をお得に!

Amazonでお買い物Amazon.co.jp

国内でいつも使っているAmazon.co.jpが海外でも使える!? 海外発送可能な商品の見つけ方

購入代行サービスZenMarket

海外で買えない日本の商品を、あなたに代わって購入しお届けする『購入代行サービス』はご存知ですか?

日本のお土産

海外赴任時に持参するおみやげは一体何が喜ばれるのか?相手の年齢、性別だけではなく、宗教や気候までを考えてセレクト

海外で日本のテレビを見るガラポンTV

海外の生活で毎日外国語に囲まれていると、日本のTVが恋しくなります。そこで、海外から日本のテレビを見る最適な方法をチョイス。

海外Wi-FiレンタルイモトのWi-Fi

世界中どこにいても、もはやインターネットは必要不可欠。特にビジネスシーンでは必須アイテムです。そこで、海外Wi-Fiレンタル。

アジア・欧州で使える携帯電話HTCスマートフォン

海外での携帯電話利用法は多種多様にありますが、アジア・欧州方面へ長期出張される方に最適な携帯電話があります。

アメリカで使える携帯電話hanacell

アメリカでも日本の携帯電話は使用できますが、料金が割高。長期で利用するなら、アメリカの携帯電話を利用するのが便利です。

現在の状況から探す

  • 海外赴任前の方へ
  • 海外駐在中の方へ
  • 日本へ帰国される方へ