引越荷物に入れられないもの



取扱禁止品目とは?

法律や条例等により、海外への引越時に持ち出しが禁止されているものは多い。禁止品目が予定の引越荷物の中に入っている場合は、事前に除いておこう。後々大きな問題にもなりかねない。

各国共通の取扱禁止品目とは別に、赴任地の事情により持ち込めないものもあるので、見積り時に引越業者へ詳細を確認するようにしよう。マッチ、ライターやエアゾール式スプレー、一部の食べ物など身近な品目もあるので注意が必要だ。ほか、薬用品など容量によるものもある。

また、各国の禁制品等に関しては、日本郵便グループの「国・地域別情報(国際郵便条件表)」も参考になるので、事前に赴任国事情を自分でもしっかり押さえておくと良いだろう。

参考URL:地域別情報(国際郵便条件表)
http://www.post.japanpost.jp/cgi-kokusai/

禁制品例

区分
爆発性又は発火性の物質、
放射性物質及び危険物
花火、クラッカー、ヘイウムガス、キャンプ用ガスコンロ、はさみ、包丁、弾薬、銃器・火器・刀剣類( モデルガン・模造刀も不可)、ガス、マッチ、ライター、水銀、放射性物質、毒物、劇物等
麻薬類 麻薬および向精神薬
生きた動物 生きた動物
食品 アルコール類、肉類、野菜、種子、乳製品、肉及び魚の加工品等
わいせつな物品 わいせつ又は不道徳な物品
貴重品 現金、有価証券、株券、手形、貴金属、古美術品、価格価値が困難なもの等
その他 偽造又は海賊版の物品、ワシントン条約の規制対象となるもの等

※上記はあくまでも例となる為、禁制品詳細に関しては各自ご確認下さい。

海外いろはイチオシのサービス「日本通運の海外引越」!

海外引越業界のパイオニアとして全世界42カ国、260都市(2016年3月31日現在)に拠点を持つ日通の海外引越は、お引越の相談から、梱包、船便・航空便での輸送や保険、税関手続きはもちろん、国内に残されるお荷物をお預かりするトランクルーム保管や国内引越まで、海外引越に関するあらゆるご要望にお応えします。

お申込み・購入したい方は日本通運の海外引越に申し込む

もっと詳しく知りしたい方は日本通運の海外引越の詳細を確認する


あわせてこのページも見てみませんか?

海外赴任には、様々な手続きや準備が必要となります。そして手続きや準備を進めていくと、様々な問題や疑問が出来ます。そこで、海外赴任に関連する情報でよく見られているページをまとめてみました。

海外で新聞を読む日経電子版

ビジネスシーンに役立つ情報を素早くキャッチ出来るメディア、それが新聞。海外でも日本との情報時差なく読める日本の新聞とは?

海外引越しのトータルサービス日本通運の海外引越

引越の相談、梱包、船便・航空便での輸送や保険、税関手続きなど、海外引越しに関するトータルサービス

楽天市場でお買い物楽天市場

海外赴任前のお買い物は楽天市場で!海外発送代行サービスを利用して配送費をお得に!

Amazonでお買い物Amazon.co.jp

国内でいつも使っているAmazon.co.jpが海外でも使える!? 海外発送可能な商品の見つけ方

購入代行サービスZenMarket

海外で買えない日本の商品を、あなたに代わって購入しお届けする『購入代行サービス』はご存知ですか?

日本のお土産

海外赴任時に持参するおみやげは一体何が喜ばれるのか?相手の年齢、性別だけではなく、宗教や気候までを考えてセレクト

海外で日本のテレビを見るガラポンTV

海外の生活で毎日外国語に囲まれていると、日本のTVが恋しくなります。そこで、海外から日本のテレビを見る最適な方法をチョイス。

海外Wi-FiレンタルイモトのWi-Fi

世界中どこにいても、もはやインターネットは必要不可欠。特にビジネスシーンでは必須アイテムです。そこで、海外Wi-Fiレンタル。

アジア・欧州で使える携帯電話HTCスマートフォン

海外での携帯電話利用法は多種多様にありますが、アジア・欧州方面へ長期出張される方に最適な携帯電話があります。

アメリカで使える携帯電話hanacell

アメリカでも日本の携帯電話は使用できますが、料金が割高。長期で利用するなら、アメリカの携帯電話を利用するのが便利です。

現在の状況から探す

  • 海外赴任前の方へ
  • 海外駐在中の方へ
  • 日本へ帰国される方へ