パスポート(旅券)



「お薦めサイト」
パスポート A to Z
外務省ホームページ
海外でのパスポートの新規発給及び更新手続き等
在ニューヨーク総領事館の例
在外公館リスト
外務省ホームページ
2009年3月1日以降の申請からはがきが必要なくなりました
外務省:旅券申請時における郵便はがき提出の廃止について

旅券(パスポート)の意義・効力

  • その所持者が日本国民であることを証明する公文書(身分証明書)。
  • 日本からの出国許可証。帰国手続にも必要。
  • 滞在国の政府、関係諸機関に対し日本政府がその所持者の安全と保護を要請した公文書( 2 国間条約および国際礼譲により相互に内国民待遇、便宜をはかるよう取り決められている)。
  • パスポートの取得・所持は渡航希望国の入国許可証(査証)を受給するための必要最低条件。滞在中は管理・保管に細心の注意を払い、盗難・紛失などのトラブルがないよう十分注意する。

パスポートの種類

パスポートには、その目的により一般旅券、公用旅券、外交旅券の3 種類がある。通常一般の国民が申請・取得する場合は一般旅券となる。

パスポートの申請と取得

  • 事前に写真、必要書類等をそろえておく。
  • 申請(受領)は、住民票所在地の各都道府県(または市町村(市町村で申請が可能か否かは都道府県により異なる)の旅券申請窓口で本人が直接出頭して行う。代理提出もできるが受領には必ず本人が出頭しなければならない。なお、代理人についても運転免許証、健康保険証などの本人確認のできる書類が1点または2点必要である。未成年者が申請する場合には、親権者の署名が必要。
  • 申請してから1週間~10日後(旅券申請場所により交付までの期間は異なる)に申請時に渡された受理票(受領証)とともに、指定日以降に本人が出頭して受領する。

IC旅券の導入

「改正旅券法」の施行により、平成18年3 月20 日からIC旅券が導入された。IC旅券は、旅券冊子中央に非接触IC(集積回路)チップを搭載したプラスチックカードが組み込まれ、ICチップには旅券名義人の氏名、国籍、生年月日、旅券番号などのほか本人の顔写真が記録されている。
IC旅券の導入で写真の規格が変更になったほか、旅券発給手数料がICチップの実費として1,000円上乗せされた。

申請に必要な書類

一般旅券発給申請書1通

用紙は各都道府県(または市町村)の旅券申請窓口に備えてある。

戸籍抄(謄)本1通

発行後6カ月以内のもの。パスポートの有効期限が切れる前(1年未満)に切り替える際、氏名や本籍地に変更のない場合は省略できる。

写真1枚

縁なしで図の各寸法を充たし、正面上半身無帽、無背景で6カ月以内に申請者本人が撮影されたもの。

パスポートの写真

本人確認の書類1つまたは2つ

1点提示でよい書類
運転免許証
写真付き住民基本台帳カード
船員手帳
海技免状
猟銃・空気銃所持許可証
戦傷病手帳者
宅地建物取引主任者証
電気工事士免状
無線従事者免許証等
2点提示が必要な書類(AとBの各1点、またはAから2点を提示)
A:健康保険等被保険者証
共済組合員証
国民年金手帳
国民年金・厚生年金・船員保険の年金証書
共済年金・恩給等の証書
申請時に押印した印鑑の印鑑登録証明書等
B:会社の身分証明書
学生証
公の機関が発行した資格証明書(いずれも写真貼付)等

旅券を以前に取得している人はその旅券

有効期間が1 年未満で切り替え申請をする場合、その旅券がないと受け付けてもらえない。期限切れの旅券を持っている人もその旅券は持参する。

住民票について

住民基本台帳ネットワークシステムの利用開始によってパスポート申請時の住民票の写しの提出は原則として不要になった。ただし、住基ネットシステムに参加していない区・市等の住民は住民票の提出が必要なので注意すること。

受領に必要な書類

1)受理票(受領証)
2)手数料2項の手数料を指示に従って印紙と証紙で納める。

申請についての注意

10年旅券と5年旅券
20歳以上の方は、申請時に10年用と5年用いずれかを選択できる(20歳未満は有効期限5年用のみ)。
旅券の手数料
有効期限10年 16,000円
有効期限5年 11,000円
(申請時12歳未満 6,000円)
パスポートの切替え
現在所持中のパスポートの有効期限が残り1年を切った場合、新たな旅券に切り替えることができる。申請の際には、そのパスポートも持参する。
その他
写真はビザの申請や赴任先の諸手続などで必要となることが多いので、多めに用意すること。
渡航後のパスポート紛失などの事故に備えて、データとともに持参するとよい。
またパスポート受領後はパスポートの番号、 発行年月日を手帳などに控えておく。※2014年10月現在

あわせてこのページも見てみませんか?

海外赴任には、様々な手続きや準備が必要となります。そして手続きや準備を進めていくと、様々な問題や疑問が出来ます。そこで、海外赴任に関連する情報でよく見られているページをまとめてみました。

海外で新聞を読む日経電子版

ビジネスシーンに役立つ情報を素早くキャッチ出来るメディア、それが新聞。海外でも日本との情報時差なく読める日本の新聞とは?

海外引越しのトータルサービス日本通運の海外引越

引越の相談、梱包、船便・航空便での輸送や保険、税関手続きなど、海外引越しに関するトータルサービス

楽天市場でお買い物楽天市場

海外赴任前のお買い物は楽天市場で!海外発送代行サービスを利用して配送費をお得に!

Amazonでお買い物Amazon.co.jp

国内でいつも使っているAmazon.co.jpが海外でも使える!? 海外発送可能な商品の見つけ方

購入代行サービスZenMarket

海外で買えない日本の商品を、あなたに代わって購入しお届けする『購入代行サービス』はご存知ですか?

日本のお土産

海外赴任時に持参するおみやげは一体何が喜ばれるのか?相手の年齢、性別だけではなく、宗教や気候までを考えてセレクト

海外で日本のテレビを見るガラポンTV

海外の生活で毎日外国語に囲まれていると、日本のTVが恋しくなります。そこで、海外から日本のテレビを見る最適な方法をチョイス。

海外Wi-FiレンタルイモトのWi-Fi

世界中どこにいても、もはやインターネットは必要不可欠。特にビジネスシーンでは必須アイテムです。そこで、海外Wi-Fiレンタル。

アジア・欧州で使える携帯電話HTCスマートフォン

海外での携帯電話利用法は多種多様にありますが、アジア・欧州方面へ長期出張される方に最適な携帯電話があります。

アメリカで使える携帯電話hanacell

アメリカでも日本の携帯電話は使用できますが、料金が割高。長期で利用するなら、アメリカの携帯電話を利用するのが便利です。

現在の状況から探す

  • 海外赴任前の方へ
  • 海外駐在中の方へ
  • 日本へ帰国される方へ